さよならL
カメラ熱が下がりっぱということで
”自分には過ぎた”Lレンズを手放すことにした。

コチラ、最初に使った写真。
c0065011_2244113.jpg

手続きを終え布団に入ったところで「あの写真では高値が付かない」ような気が...。
夜な夜な再び起き出して取り消し。

翌朝取り直したのがコチラ。
c0065011_225949.jpg

結果的にデジカメブームも手伝って買値を上回る値段で売れた。
ブログを始める前から使っているので無償リースの感覚。
そもそも、なんでこんなレンズがウチに眠っていたのか。
シャッターを押すだけでアートが撮れる、まさに夢のレンズだった。
確かEOS-1、EF100mmF2.8MacroUSM、EF28-35mmF2.8Lを売って手に入れた。
#何を隠そう、かつてマクロと広角ズームを卒業している...。
c0065011_2253715.jpg

で、あぶく銭でホイール&タイヤ&チューブ&スプロケットを交換。
#プライオリティ的にはヘルメット&傷害保険かもしれないのだが...。

§交換前
ホイール:Shimano WS-RS10(前後で1848g)
タイヤ:Vittoria ZAFFIRO(前後で620g)
チューブ:?
スプロケット:Shimano CS-5600(12-25T)

§交換後
ホイール:Shimano WH-RS80(前後で1516g)
タイヤ:Continental Grand Prix4000s(前後で410g)
チューブ:Bridgestone Extenza(前後で104g)
スプロケット:Shimano CS-5600(12-27T)

地元のMサイクルでもって、
前輪のタイヤ&チューブを装着してくれた社長を手本に自分で後輪を装着してみた。
なんでも購入客には自分でパンク修理をできるようにしてもらっているんだとか。
素人並の組み付けと酷評されたコンポーネントもひと通り調整してもらう。感動的な手際の良さ。
ロードレーサーは信頼のおけるSHOPで買うもんだなーと痛感した。
ちなみに前輪だけで300gも軽くなった(後輪は未計測)。

その社長曰く、うちのGIOSはクランクが主流のコンパクト(35T)ではなくノーマル(39T)なんだとか。
違いはコマが多い分、ハイギアであること。要はローが約2段高くて登りがキツいんだそう。
前回の白石峠がキツかったのはそのせいか?(ということにしておこう)
c0065011_2255910.jpg

早々、白石峠&堂平山へ。
山頂で昼飯を食べるべし。ということで渋る妻子を連れて車で麓まで行く。
山麓で降ろしてもらい自分だけチャリでヒルクライム。妻子は先に天文台のある山頂へ。
ノーマルクランクのハンデはともかく、前回より足回りは相当軽くなっている。
リアのスプロケも1段低いものに交換しているし。

結果的に2度休んだ前回に比べて今回は休まずにいけた。
けど激坂だけあって、ギアがもっと軽ければもっとラクに登れるのになーと思った。
コンパクトクランクのあと2段分に期待したい(ヘルメットが先か)。
c0065011_2271825.jpg

途中のスーパーで買って山頂で食べた「メガうな重」。
吉野家のウナ丼と比べると飯1:ウナギ4。
残念ながら胃が弱っていたせいか気持ち悪くなってしまった。
c0065011_2273261.jpg

帰りは車でダウンヒル。昼を過ぎてもチャリンコ・オヤジがどんどん登ってくる。
さすが(埼玉の)ヒルクライムのメッカだけある。
by tomorou_takurou | 2009-07-20 22:13 | ポタリング
<< 富士登山競走 ヘンな日々 >>