甚五郎うどん
先週、グリーンラインを狙ったものの顔振峠すら辿り着けなかったので再挑戦した。

今回はいつもの白石峠からヒルクライムしてグリーンラインを縦走サイクリングして顔振峠からダウンヒル。
麓の越生(おごせ)にはロードオヤジの間で有名なお店その2「甚五郎うどん」があるので
足を使って武蔵野うどんを食べてこようという考え。

荒川CRは順調。反動で高坂の辺りは前にいたトレインにカカってしまい飛ばし過ぎる。
直後の物見山で追い討ち。心拍177を記録。うーむここで急いでどうする。
白石峠が始まる頃には足が終わっていた。勝手知ったる激坂。萎える。

既にボトルのプロテイン、コーラ、ガリガリ君を消化。
そういえば今日は天気がハッキリしないせいかロードオヤジが少ない。
c0065011_1553938.jpg

峠に入ると心拍165~170をキープしながら35分。ようやく白石峠に到着。
速い人は20分台。普通の人は30分位らしい。
ロードオヤジが少なかったせいか今日は抜かれなかった。
c0065011_1582455.jpg

汗ビッショリでアクエリアスをゴキュゴキュ。
今回はあくまでここがスタート地点。ここまではウォーミングアップに過ぎない。
c0065011_1581292.jpg

白石峠からは標高7、800mの丘陵を尾根伝いにウネウネとアップダウン。
霧で視界は100m未満。結構涼しい。
c0065011_158178.jpg

最初は大野峠にブナ峠。
c0065011_1575179.jpg

c0065011_1573984.jpg

刈場坂峠。景色が良さげだが霧で真っ白。
c0065011_1572720.jpg

c0065011_1571448.jpg

飯盛峠に傘杉峠。峠だらけ。
c0065011_157019.jpg

最後が先週辿り着けなかった顔振峠。
c0065011_156441.jpg

ノルマが終わり甚五郎うどんへ向かって下り始めたところパーン!と後輪から大きな破裂音。
ナント、峠のピークで初めてのパンク。
音からしてチューブというよりタイヤがバーストした感じ?
チューブに貼るパッチは持ってきたけどタイヤに貼るタイヤブートは無い。
タイヤを確認すると問題なし。ひと安心。
こんな山奥でパンク修理デビューとは...。
普通であればナーバスになる状況だが、偶々先週パンク修理一式を揃えたばっかという心のアソビ、
及びパンク修理未経験故の若さ(興味)が上回り、至って冷静であった。

先週買ったタイヤレバー3本でもってタイヤを外しチューブを1周チェック。
アレ?穴開いてない。バルブか?問題なし。再度チューブをチェック。
ウホ、有った。7mm程カッターで縦に切った様な切れ目。

そもそもこのチューブは52gと考えられないくらい激薄。
通常のロードレーサー用でも100g前後なのだが、
Mサイクルの社長にタイヤ装着直前に二者択一で選べと言われて
ウポ?と躊躇(値段も倍する)したら「じゃこっちね」と半ば流されるままに装着したものだった。

ま、先週買った交換チューブも2つ持ってきたけど、これならパッチでいけそう。
紙ヤスリで軽く表面を擦って糊の要らないパッチを貼る。
これまた先週買ったハンディポンプ(ミニモーフ)を使いつつ、
Mサイクルの社長に習ったやり方で修理完了。20分くらいか。
途中で引き返して気遣いを頂いたラバネロジャージの方、ありがとうございました。初体験は無事に完了しました。
チェーンの油で手が汚れたので次はシリコン手袋も用意しとこう。タイヤブートもね。

時間をロスしたものの越生の麓に下りると閉店の早いシロクマパンがまだ開いていたのでお土産をゲット。
少し戻って15時頃に甚五郎うどんへ。ここも割と辺ぴな場所にある。
武蔵野うどんといえば濃い口醤油ベースの単調な冷or熱くらいと思っていたが、ここは色々な創作系のメニューがあった。
これなら飽きずにまた来れる。あとサイクリングの客は100円割引。ここもロードオヤジ御用達の炭水化物補給基地か。
ちなみに甚五郎という武蔵野うどん屋はアチコチに沢山在るそうで。関連は不明。
(砂川庵、松郷庵、神明庵、ゆう庵、むさしの庵、利静庵、越生庵、旭庵、紫庵、etc)
c0065011_1562244.jpg

ちなみにグリーンラインの峠を反対側へ下ると秩父へ続くR292に至る。
お馴染みの伊豆ヶ岳や秩父市はすぐそこだった。
実はグリーンラインと関東ふれあいの道は同じ丘陵の尾根を互いに縫うように併走している。
これを歩くのかと思うと山道の方は勘弁って感じ。
c0065011_156720.jpg

帰路、ドトール&シロクマのお土産パンで休憩。
今日は2000kcal以上OUTしたと思うが同じくらいINした感じ。
ただタンパク質が不足気味。

荒川CRに入るとパンク青年がトボトボ歩いていた。
善意の輪廻。ラバネロの方を見習って声を掛けると大丈夫ッスとのこと。
何が大丈夫なのか分からないが鵜呑みにして家に帰った。
by tomorou_takurou | 2009-08-09 15:09 | ポタリング
<< R指定 シロクマパン >>