天気よさげ
そろそろ富士登山競走の準備をしたいところ。しかし、週末は晴れ予報ということでチャリに乗ってしまった。

お約束のマンガ喫茶ポタということで宇都宮へ。
以前と違い今回は時間に余裕があるので森林公園まで足を伸ばした。パチリ。
c0065011_2225168.jpg

ここ古賀志林道はジャパンカップの周回コース。
府中のG1ではなくてUCI1.1級ロードレースが毎年行われておりマス。
重いザックを背負ったまま1周回。14km。本チャンはここを10周回弱走る。
当初はジョギングでもう1周すべしとランニングシューズまで持参したものの既に脚は売り切れており、
さっさと真の目的であるスパ銭でゴロゴロ&マンガ喫茶(自由空間さん)でゴロゴロ。

行きは新R4バイパス、翌朝の帰りは旧R4を南下。
かつて更地になって驚いた小山遊園地跡地は広大なショッピングモールになっていた。
c0065011_22253616.jpg

今回はジョルダーナのビブショーツ。
筋肉の無い人がカステリのビブショーツを履くとエッチっぽかったので他を物色していたところ
ジロ・デ・イタリアでファルネーゼのウェアが格好良かったのでレプリカをクリック。5日で届いた。
Wiggle(英)ならともかく伊(All4Cycling)だったので3週間は掛かると思っていたので少し見直した。
c0065011_2226269.jpg

そのジロ・デ・イタリアはアルベルト・コンタドールの圧勝で終了。
個人的には第19ステージのラスト1kmが良かった。
ガゼッタ・デロ・スポルトのサイトに動画が載っている。
#19ステージの動画は2つ置いてあって(HighLightsとLastKm)、LastKmが最後の1kmのシーン。
c0065011_22263683.jpg

ウダウダ説明すると...

頂上ゴールのラスト1km。牽制し合う総合タイム上位陣の集団の中から総合タイム暫定1位のコンタドールが飛び出し、上位陣をイッキに引き離しに掛かる。このステージでの狙いは順位はともかく総合タイム2位以下との差を稼ぐこと。コンタドールの逃げは成功。というか登りでは誰も追いつけない。そして先行逃げ切りを狙っていた先頭のティラロンゴに追いつき、追い抜く。コンタドールがまたステージ優勝か?

実は昨年まで、二人はチームメイトでティラロンゴはコンタドールのアシストとして貢献。(アシストは自分の成績は二の次でエースのために風除けやペースメイカー、ドリンク搬送等で体力を使い果たす。)ティラロンゴはプロデビューから12年間、アシスト人生ながら、このステージは監督から自由なレースを許されていた。

で、コンタドールは垂れていたティラロンゴを追い抜いた後、敢えてペースを落としペースメイカーとして逆にアシスト(今はチームが違うのにも係わらず!)。背後から総合タイム上位陣がどんどん迫ってくるなかコンタドールに譲られる形でティラロンゴが先着でゴール。総合優勝狙いのコンタドールにとって、ステージ優勝に拘る必要は無かったといえばそれまでだけど紳士だねェ。ティラロンゴはグランツール、ジロのステージ優勝がプロ・ロードレース初優勝だったそうで。
#2位のコンタドールのほうが涼しい顔しとる写真。

ツールドフランスまであと1ヶ月。今年はレパードのアンディ・シュレクとサクソバンクのコンタドールの対決が話題でせうか。シュレク兄弟、カンチェラーラが抜けた代りに王者コンタドールがアスタナからサクソバンクへ移籍。去年、サクソバンクはジャパンカップに出ている。もしかして今年の秋にはコンタドールが来日するのかなぁ。
by tomorou_takurou | 2011-06-05 22:28 | ポタリング
<< 堂平山 駅伝+ >>