琴正庵
武蔵野うどんが続いたので今週は蕎麦にした。民家シリーズその3は琴正庵。
鳥羽井沼の近くであった。
多くのロードバイク親父はこの辺りから荒川CRを離脱して物見山を起点とした奥武蔵の山中へ突入していく。

周囲は長閑な水田地帯。
c0065011_2014684.jpg

c0065011_20142084.jpg

先週の「てつ」が普通の農家なら「琴正庵」は敷地の広い農家。
お昼どきに入ると3組ほどが人の家の座敷で蕎麦をすすっていた。
c0065011_20144752.jpg

自分は大もり蕎麦に別途天麩羅を頼む。
蕎麦は、なかなかコシが強かった。
天麩羅は野菜天が3ケ100円だった。

食べものネタついでに。

松之山の天日干しの新米。
魚沼米の収穫量は国内産米の約1%で、流通している殆どが偽パッケージらしい。
保有米(縁故米)は更に限られると知り、偶にはということで土鍋&ミネラルウォーターで炊いてみた。
山間部産だけに褐色米の多さがむしろ品質の証か?
c0065011_201594.jpg

オコゲも無く、キレイに炊けた。よくオコゲが喜ばれるがそれは失敗ではないかと。
水が良かったのか米が良かったのか新米のせいかなのか分からず仕舞い。
c0065011_20152731.jpg

えびツリーバーガー。
c0065011_20195268.jpg

の、フライだけが家にあったので「卵でとじると激ウマ」とのネット情報を信じてやってみた。
c0065011_20153849.jpg

これが全然ダメだった。
c0065011_20155733.jpg

ファッションリーダーとして知られる職場の山チャンがiPad miniをさりげなく見せてくれた。
発売日の翌日だから売れ行きは良くないのかもしれない。思ったより金属感があって重かった。
c0065011_20344725.jpg

妻子にはNexus7をプッシュしているのだが(妻子の金で買わせて自分が使う)、ケータイで事足りている感。
by tomorou_takurou | 2012-11-11 20:29 | ポタリング
<< 蔵之瀬 てつ >>