入院小話
(森林公園経由で熊谷へ)
c0065011_23172392.jpg

入院している間、仕事に関してひとつ心配事があった。
予定されていた説明会の資料が準備できていなかったのだ。
しかも(人は大勢いるのに)代わりをやってくれそうなメンツがいない状況。

で、幸か不幸か1週間で職場復帰。
1年間同じチームでやってきたFに聞くと資料作りは1mmも手を付けていないとのこと。
予想どおり、退院明けから奈落の底に落とされる。
c0065011_23181494.jpg

結局、退院明けから1週間、パワポ100ページ超を含む説明会資料をなんとかひとりで準備した。
説明会当日はパワポとは別に配布資料80部*4回戦分をひとりで配布。
スクリーン3面を使った説明自体も午前&午後、すべてひとりでこなした。
ひとりひとりってクドいか。

ちなみに外資相手の説明会だけに最前列にはガイジンが居て、通訳が自分の話をイチイチ翻訳してくれるスバラシイ雰囲気。
人前で話をする経験の無さが幸いして?手にしたマイクもプルプル震えることなく無事完了。

正直、退院明けの上、ゼロからスタートだったので説明会まで体が持つのか心配だった(資料が間に合うかなんて心配する余裕はない)。
資料見といてと頼んだら「明日でいいですか」と渋ったあげく翌日休み、今に至るまで音沙汰無し。そんなFのことを責めるつもりは毛頭無い。
むしろ組織としてリスク管理とか主体性はどうなん?と考えてしまう。
退院がもう1週延びたら、彼らはどうするつもりだったのだろう。
c0065011_23214225.jpg

荒川CRは河口の葛西と東松山の森林公園が起点&終点だそうで。
森林公園は荒川から随分外れる上に、ただの農道なんで次はない感じ。
c0065011_2322247.jpg

森林公園から熊谷へ向かう途中にあった公共施設。
こういうのを作りたいという私的な発想を押し通す人たちと困惑する地元ィの顔が浮かぶ。
by tomorou_takurou | 2013-06-23 23:31 | ポタリング
<< 連休風呂2日目 午後から晴れた >>