ツールド妻有2014つぶやき
(写真を追加しました2014/8/25)
只今、実家のトイレなう。
スタートまで1時間切ったけどお腹痛くて出られん。
c0065011_23122483.jpg

会場近くの駐車場が満車で実家に引きしてチャリで会場へ。
スタート10分前に会場到着。慌ててもうた。
c0065011_2395098.jpg

スタートしたけど、なかなか前が動かない。
10人づつの時間差スタート。
c0065011_7104248.jpg

7:20ようやくゲート通過。20分も掛かってもうた。結構余裕だったかも。
最後尾に近いのであとは追い越し基調で。
c0065011_22405842.jpg

最初の頃は点在するアート作品を撮る余裕あり。
c0065011_23121284.jpg

風景は良いけど、先行しているライダーが豆粒みたいに見える。
あそこまで行くのかと思うと萎える。
c0065011_23111286.jpg

あ、あそこまで登るのか…。
c0065011_22413580.jpg

坂の上の集落の合い間にライダーが見え隠れする。
c0065011_11433328.jpg

c0065011_2312553.jpg

ガリガリ君が貰えるエイドで走り始めようとしたら...写っているチャリは全てマヴィックのキシリウム!
(中央奥が自分のチャリ)
c0065011_2345275.jpg

エイドが沢山あって食べものも沢山ある。まだお腹が空いてなかったのでパエリアは遠慮した。
暑くて汗を掻いたのでキュウリやナスの漬物がえらく旨かった。
c0065011_23856.jpg

70k地点にある松代の農舞台エイドで清兵衛のぶっかけ蕎麦を食べていたら雷雨に。
ちょうど屋根があって助かった。
ここの足切りは13時なのでしばらく様子見するも雨雲レーダーによると止む気配がない。

で、結局ユニクロのポケッタブル・ウインドブレーカーを着て、小雨になったところで出発。
c0065011_11341632.jpg

80k付近のダウンヒルでチェーンが外れ、1コマ捻れて走行不能に。
チェーンを継ぎ足すミッシングリンクは持っていたけど肝心のチェーンカッターを持っていなかった。
15分ほどでニュートラルカー1号車が到着したものの、チェーンカッターがないそうで2号車を待つことに。
なんでも数キロ後方で前転した人がいて、パトカーや救急車が行ったり来たりで2号車がなかなか来ない。

チェーンが捩れるのは初めての経験で、しかも大会中&制限時間も厳しくなってきたため結構、ナーバス。
雨が止んだので小物を広げて乾かしながら1時間ほど待っていたところで、
自転車屋さんをやっているという参加者の方がハンディタイプのチェーンカッターを貸してくれた。

会話しているうちに、その方、なんと後方で事故ったご本人だそうでヘルメットがザックリ凹んでいた...。
本人はピンピンなのに実況検分に時間が掛かってしまったそうで。
ミッシングリンクを継ぎ足したところでシフトチェンジも問題なく、走行再開。本当に助かった。感謝。
c0065011_19175098.jpg

信濃川。
c0065011_2341375.jpg

時間内完走が厳しくなって無酸素走行を続けたところで痛恨の走路ミス。
右折箇所を見過ごしてしまった。慌てて引き返すも4kロス。アイタタタ。
c0065011_16474983.jpg

スタートロス、雨宿り、チェーン修理、走路ミス、
色々あったけど何とか制限時間内の16:30に完走出来た。結構キツかった…。
c0065011_16374758.jpg

おまけ:
コスカボで練習してきたけど、あまりの重さに結局、リムの薄いホイールという軟派仕様になってしまった...。
コスカボで参加したら確実に制限時間内に完走できなかったと思う。
c0065011_23311246.jpg

来年は三年に一度、黄色いジャージが貰える年なのでエントリーが難しそうだけど、できれば挑戦したい。
by tomorou_takurou | 2014-08-24 06:07 | ポタリング
<< ツールド妻有2014+ 奥武蔵グリーンライン >>