今週ネタ
金曜は仕事で午前様。明けた土曜は長期休暇から復帰したKのアストロで
職場から家まで送ってもらった。

途中、青山ブックセンター本店に寄ってもらったところ
「牛腸茂雄写真集成」が新品で置いてあったのでゲットした。
随分前に発売された写真集なのでまさか置いてあるとは!

牛腸(ごちょう)茂雄は新潟加茂市の出身で36歳の若さで亡くなってます。
2002~2004年頃に回顧展がアチコチで開催されたのですが
この写真集はその際に発刊されたそうです。

内容は牛腸の写真集3冊の掲載全作のほか雑誌掲載作やコンタクトなどが網羅されてます。
大辻清司などの解説も分かり易くて「あー写真ってこうやって見るのかー」と勉強になりました。

肝心の写真ですがライカ版横位置、日の丸構図で統一されたポートレートがいい感じ。
勝手に共感&想像したのは、被写体が子供であれ、面と向って撮らせてもらうのが
苦手な方だったのではないかということ。それくらい1枚の純度が高い。

参考までにTSUTAYA六本木店と北与野の書楽に汚れたサンプル本があります。
あとアマゾンでは倍のプレミアで売ってる人がいますが、
300頁を越えるボリュームを考えるとお買い得かも。入手するならそれしかないようです。
「SELF AND OTHERS」であれば第5刷が積んでありました。
c0065011_2159476.jpg

茹でたアスパラ(デニーズのホワイトアスパラが旨かったので)/試薬と智郎。
ケミカルランプ(近紫外線の蛍光灯)/OHP拡大ネガ(インクジェット)。
下の2枚はアルビューメン用にガーゼで濾した卵白。
c0065011_220094.jpg

ケミカルランプと智郎/乾燥中のサイアノタイプ。
紙すき職人で作った再生紙/卵白、塩、酢酸、精製水でアルビューメンの準備。
下の2枚は牛腸茂雄作品集成。
by tomorou_takurou | 2006-06-03 21:59 | 写真
<< メモと復習を兼ねて 明日は月曜 >>