カテゴリ:ポタリング( 93 )
シロクマパン
関東平野を流れる荒川周辺には坂道が無いので一帯に住んでいるロードオヤジ達は
取り敢えず荒川サイクリングロード(CR)から物見山を目指すことになる。
週末になると何も無い農道にロードオヤジの密度が高い”蟻の道”ができる。

物見山自体は標高がそれ程高くないのでそこから奥武蔵グリーンラインへ向かう。
グリーンラインは関東平野と秩父盆地の間にある丘陵の尾根を縫う様に走っており、
峠を幾つも繋いでいるので(定峰峠、白石峠、大野峠、飯盛峠、刈場坂峠、顔振峠)、
物見山を基点にロードオヤジが散らばっていく...。

去年、富士登山競走の練習場所として地図上で偶々ピックアップしたのが白石峠だった。
妙にロードオヤジが多い-->登りはお互いにキツイが下りは段違い--->羨ましい。欲しい。
という流れは必然であった。

そんな荒川CRのロードオヤジの間で有名なお店が幾つかある。
その中のひとつ、パン工房シロクマへ行くことを目的に越生へ向かった。
c0065011_19593556.jpg

荒川CRに入るとロードオヤジが沢山往来。トレインの最後尾に着いて30~34kmで流す。
川島町から荒川CRを離れ、農道をトロトロと高坂、物見山、鳩山、越生へ進む。
蟻の道を辿ると、もうビックリするくらい、なんでこんなところに!?というくらい辺ぴな場所にお店は在った。
新潟のホクホク線沿いを彷彿とさせるド田舎。目の前は田んぼ。県道からも外れている。
c0065011_19594757.jpg

店内外には休憩スペースがあってそこで買ったものを食べることができる。
アップルパイと双子のアンパンは甘さ控えめ。人気のクマさんのほっぺも美味かった。
足を使い腹を空かせて知らない土地の美味しいものを食べに行く。健康的。
#ジョギングだと、食うと動けない体に変化するのでこうはいかない。

シロクマパンはグリーンラインのある丘陵地帯の麓にあることから
ロードオヤジご用達の炭水化物補給基地という感じ。
しかし誰が最初に見つけたのだろうか...。

ケータイで現在地を確認すると顔振峠が近い。グリーンラインを白石峠まで行くべし。
エッチラオッチラ峠を登っていくと濃い霧の中に。ピークでT字路に出た。ここが顔振峠か?
ケータイで現在地を確認すると圏外。
画面もしっとり。指が湿っていると静電容量方式は操作がおぼつかない。
このガスの中、地図が無いと白石峠は難しそうなのでさっさと引き返す。
c0065011_200586.jpg

帰路、男女ペアに抜かれた。32kmくらいのペース。
オッサンが風除けで引っ張り、女性がピッタリ張り付いている。
ヒルクライムで足が終わっていたせいもあるがジリジリ引き離される。
オネーチャンに負けるなんてやっぱり自分は激遅なのかもしれない。
#ひとまず重たいアルミのチャリのせいということにしておこう。

サイクルコンピューターによると距離100km+、消費カロリー1500kcal+と出た。
c0065011_20582383.jpg

ところでタイヤのエアーが不足気味で終始パンクのことが気になった。
パンク修理しているロードオヤジは毎回必ず目にする。
パンク修理キットを持たずに片道数十kmはギャンブルであった。
午後は大宮のYSロードでトピークのミニモーフとパナレーサーの修理キットをゲット。
by tomorou_takurou | 2009-08-02 20:04 | ポタリング
岩淵水門
富士登山競走が中途半端だったので
荒川サイクリングロード(CR)を河口方面へ向かってみた。

月初に荒川CRを遡上した際、吉見で美味しいうどん屋を見つけたので
軽く汗を掻いて旨い麺類でも食べてこようという思惑。

昼前に家を出て荒川CRへ。
雨がパラパラ。川越方面の空がドンヨリ。
引き返す。12kmロス。

家でおとなしく富士宮ヤキソバを食べる。

午後、再び晴れたので再挑戦。取り敢えず笹目橋をメドに南下することにする。
東岸の西遊馬公園、大宮運動場、荒川運動公園、秋ヶ瀬公園を通過。
秋ヶ瀬橋を西岸へ渡り河川敷内を川下へ進む。気持ち向かい風。オンショアですな。

川口のエルザタワーは見えてきたが肝心の笹目橋が分からない。
ボトルのプロテインが無くなったので河川敷を抜けてコンビニでガリガリ君とジュースを補給。
ここは北区駅伝のあった赤羽ではないか。

再び南下。赤い水門を撮る。
看板には岩淵水門とある。荒川から隅田川が分岐するところらしい。
以前登った甲武信ヶ岳は荒川だけでなく(信濃川や富士川だけでなく)隅田川の源流でもあったのか。
そういえば今日は隅田川花火大会。来週は戸田橋花火大会&板橋花火大会とか。
c0065011_196475.jpg

ケータイで位置を確認すると笹目橋(新R17)や戸田橋(旧R17)はおろか
新荒川大橋(R122)も通過していた。
c0065011_1965965.jpg

#新岩淵水門。赤い水門は飾りで、水門の機能はこっちでやっているみたい。
c0065011_1971191.jpg

#新荒川大橋&エルザタワー55。
c0065011_1972235.jpg

暑いのでさっさと引き返す。
今度はオンショアが追い風。調子が良い。
参考ながら夢の40km台クルーズ。
土手の下りを利用して平地で40km台後半も初体験。景色が流れる。
開催中のツールドフランスでは平均速度50km弱のステージもあるんだとか。これで平均か...。

帰りも中年チャリンコライダーが多い。
「BORA ULTRA TWO」オヤジには驚いた。
前後セットで定価53マン市価40マンホイール。あくまでホイールだけで。

最近自分もホイールを交換したので少し目が肥えた。
自分のは1848g-->1516gに軽量化したがBORAは軽量化二の次のエアロタイプで1305gだと。
足回りの軽量化は10倍の軽量化効果があると云われている。
己の未熟さを金満で解決するとは、ある意味、卑怯。
カメラオヤジがレンズ沼なら、ロードバイクオヤジはホイール沼らしい。

帰りも暑く、全身塩まみれ。液体1Lを補給。
トリップは午前と合わせて87km。疲労度はジョギングの8.7km位か。
痩せるなら確実にチャリだなと思った。

家に着いてスイカを食べる。
運動して汗を掻くと何を飲んでも何を食べても旨い。
最高のスパイスは空腹&運動だなとつくづく思う。
by tomorou_takurou | 2009-07-25 19:07 | ポタリング
さよならL
カメラ熱が下がりっぱということで
”自分には過ぎた”Lレンズを手放すことにした。

コチラ、最初に使った写真。
c0065011_2244113.jpg

手続きを終え布団に入ったところで「あの写真では高値が付かない」ような気が...。
夜な夜な再び起き出して取り消し。

翌朝取り直したのがコチラ。
c0065011_225949.jpg

結果的にデジカメブームも手伝って買値を上回る値段で売れた。
ブログを始める前から使っているので無償リースの感覚。
そもそも、なんでこんなレンズがウチに眠っていたのか。
シャッターを押すだけでアートが撮れる、まさに夢のレンズだった。
確かEOS-1、EF100mmF2.8MacroUSM、EF28-35mmF2.8Lを売って手に入れた。
#何を隠そう、かつてマクロと広角ズームを卒業している...。
c0065011_2253715.jpg

で、あぶく銭でホイール&タイヤ&チューブ&スプロケットを交換。
#プライオリティ的にはヘルメット&傷害保険かもしれないのだが...。

§交換前
ホイール:Shimano WS-RS10(前後で1848g)
タイヤ:Vittoria ZAFFIRO(前後で620g)
チューブ:?
スプロケット:Shimano CS-5600(12-25T)

§交換後
ホイール:Shimano WH-RS80(前後で1516g)
タイヤ:Continental Grand Prix4000s(前後で410g)
チューブ:Bridgestone Extenza(前後で104g)
スプロケット:Shimano CS-5600(12-27T)

地元のMサイクルでもって、
前輪のタイヤ&チューブを装着してくれた社長を手本に自分で後輪を装着してみた。
なんでも購入客には自分でパンク修理をできるようにしてもらっているんだとか。
素人並の組み付けと酷評されたコンポーネントもひと通り調整してもらう。感動的な手際の良さ。
ロードレーサーは信頼のおけるSHOPで買うもんだなーと痛感した。
ちなみに前輪だけで300gも軽くなった(後輪は未計測)。

その社長曰く、うちのGIOSはクランクが主流のコンパクト(35T)ではなくノーマル(39T)なんだとか。
違いはコマが多い分、ハイギアであること。要はローが約2段高くて登りがキツいんだそう。
前回の白石峠がキツかったのはそのせいか?(ということにしておこう)
c0065011_2255910.jpg

早々、白石峠&堂平山へ。
山頂で昼飯を食べるべし。ということで渋る妻子を連れて車で麓まで行く。
山麓で降ろしてもらい自分だけチャリでヒルクライム。妻子は先に天文台のある山頂へ。
ノーマルクランクのハンデはともかく、前回より足回りは相当軽くなっている。
リアのスプロケも1段低いものに交換しているし。

結果的に2度休んだ前回に比べて今回は休まずにいけた。
けど激坂だけあって、ギアがもっと軽ければもっとラクに登れるのになーと思った。
コンパクトクランクのあと2段分に期待したい(ヘルメットが先か)。
c0065011_2271825.jpg

途中のスーパーで買って山頂で食べた「メガうな重」。
吉野家のウナ丼と比べると飯1:ウナギ4。
残念ながら胃が弱っていたせいか気持ち悪くなってしまった。
c0065011_2273261.jpg

帰りは車でダウンヒル。昼を過ぎてもチャリンコ・オヤジがどんどん登ってくる。
さすが(埼玉の)ヒルクライムのメッカだけある。
by tomorou_takurou | 2009-07-20 22:13 | ポタリング