カテゴリ:ポタリング( 93 )
白石峠
今週も白石峠へ。

@話はツールド妻有の5日前の夜のこと。
実は本チャン5日前に中古の後輪ホイール(MAVIC R-SYS)が届いたので急遽組み替えた。
定価の25%という安値。その理由は決算セール&型落ち中古品&カンパフリーボディの三位一体政策とみた。
c0065011_23244171.jpg

カンパフリー...つまりシマノのカセットスプロケが付けられないということ。
で、MAVICホイールのフリーボディ(FTS-L)は殆ど共通なので夜な夜な急遽交換した。
 1:コスカボからチューブ、タイヤ、スプロケ、フリーボディ(シマノ用)を外す
 2:R-SYSのフリーボディ(カンパ用)を外す
 3:洗浄&ミネラルオイル注油
 4:R-SYSにフリーボディ(シマノ用)、スプロケ、タイヤ、チューブを付ける
 #チューブはボントレ80mmRXLから48mmエクステンザに交換。
 #カンパ用のフリーボディ一式は用無しなので放置。コスカボは暫くお休み。
c0065011_23172522.jpg

右カンパフリーに比べ左シマノフリーは15g重いそうで。
c0065011_2318679.jpg

(こちら以前コスカボのフリーボディを洗浄&オイル注油した際の図)
c0065011_23181327.jpg

更に。
@話はツールド妻有の2ヶ月前のこと。
実は中古の前輪ホイール(MAVIC Ksyrium SR)が届いたので急遽交換した。
定価の14%という異常安値。その理由は...まぁSRという宝くじを引いた感じ。
前輪はフリーボディとか面倒なものは無いのでタイヤ&チューブを装着して付け替えるだけ。

山練では前輪キシリウム+後輪コスカボという、意味不明な組み合わせでグリーンラインを走っていた。
c0065011_23185936.jpg

で、今日は前輪キシリウム+後輪R-SYSという、ツールド妻有と同じ仕様で白石峠に初挑戦した。
c0065011_23171316.jpg

ちなみに
・ノーマルのキシリウムは前輪、後輪共にジクラルというアルミ合金のきし麺形状のスポーク。
・R-SYSは前輪と後輪の左側が中空カーボンスポーク、後輪の右側がジクラル。
・キシリウムSRは前輪が普通のキシリウムで後輪がR-SYSのハーフ&ハーフ仕様。
・自分のは前輪キシリウムSR、後輪がR-SYSの中古バルクなので結局キシリウムSRと同じ仕様。

現場到着。大野物産販売所で飲み慣れない缶コーヒーを飲んだところ、
えずく状態が続いてしまい、前半は、いつ止めようかモードで登坂。
c0065011_232033.jpg

中盤から調子が回復。タイムは諦めたけど、やはり脚が軽く34分台であった。
調子が良ければ32,3分台でいけそう感。またいずれ。
c0065011_23201061.jpg

峠のやっちん茶屋で液体&ガリガリ補給し、引き続き堂平山へ。
今日は天文台食堂がお休みであった。
c0065011_2320184.jpg

c0065011_23202594.jpg

標高800mは秋の気配。
c0065011_23203235.jpg

ダウンヒルは震えるくらい寒かった、けど峠の麓は夏に逆戻り。
by tomorou_takurou | 2014-08-31 23:39 | ポタリング
カフェASTERISK
荒川CRを利用するチャリオヤジは、ほぼ毎週の様に川島町を通過するのではないか。
c0065011_2363630.jpg

川島町は、荒川CRと水田オンリーの田舎だけど、その田んぼの中にスタバやドトールがポツンと在るので
疲労回復ポタは、どうしてもそっちの方向へ向かってしまう。

で、夏休みの平日に、いつかは、と考えていた川島町のアスタリスクへ。
土曜は混むだろうし、日、月は休業でなかなか行けなかった。

ご覧の立地。川島特有のポツン具合がよい感じ。
川越うどん”大将”が都会に感じる。”てつ”に匹敵しそう。

いちおう、ランチプレート&液体&デザートを吸収&消化。次回は売り切れだったパンにしよう。
お店の方は大変腰が低くて礼儀正しい方であった。
c0065011_23122389.jpg

思えば、コーヒーチェーン店には、ほぼ毎日行くけど”カフェ”は滅多に行かないような。
オッサンには敷居が高いのかも。

パブリックハウス。これは今年。
c0065011_23132917.jpg

サントラントヌフ。ケータイに入ってたけど何年前だっけ?
c0065011_23135029.jpg

渋谷通いも今年度一杯か。
by tomorou_takurou | 2014-08-29 23:20 | ポタリング
ツールド妻有2014+
ツールド妻有に参加された方は、どなたもホスピタリティーの良さを絶賛されていて、いつかは参加してみたいと思っていた。
特に三年に一度行われる里山を舞台にしたトリエンナーレの年は黄色いジャージが貰えることもあって
すぐに定員に達してしまうそうだけど、去年と今年は、その端境期で、なんとかエントリすることができた。

で、走った感想は...(チェーン修理でゴタゴタしたことを除くと)期待どおり非常に良かった。

9ヶ所あるエイドは食べ物&飲み物が盛り沢山で、制限時間が無ければ食い倒れてしまうくらい。
暑い時期だったのでナスやキュウリの漬物が最高に旨かった。

そして沿道の声援も感激であった。上野原トレイルのときもそうだけど田舎のイベントはいい感じ。
来年はジャージの年だから競争率が高そうだけど、是非とも参加したい。
c0065011_21404632.jpg


珍しく、写真をあまり撮らなかったので、大会を運営されている方のpicasaをば。
そちらのほうが遥かに雰囲気が伝わると思う。
応援編
風景編
エイド編
#赤いママチャリの悪魔の方、115k付近でかろうじて抜いた。ママチャリでロングって凄い剛脚かと。

毎度、GPSのトラックは採れたので、以下、グーグルアースに貼った図。

みおん中里をスタート。
最初は清津川沿いを遡上、西田尻で折り返しして東田沢のベルナティオに登って水沢へ下る。
西田尻エイド、ベルナティオエイドでそれぞれ小休憩。
c0065011_17555756.jpg

清津川に架かる橋。
c0065011_21454590.jpg

ベルナティオから始まるダウンヒル。
c0065011_21452313.jpg

信濃川を渡って高島から鉢、名ヶ山のヒルクライム。
丘陵の尾根沿いに権現山、坪山峠を通過してR252を仙田までダウンヒル。
渋海川沿いを遡上して松代の農舞台へ。
c0065011_1756946.jpg

鉢エイド、坪山峠エイド、おの島エイドでそれぞれ小休憩。
c0065011_21475122.jpg

高っかいロードバイクが沢山。
c0065011_21462847.jpg

c0065011_21475390.jpg

激坂の頂上でガリガリ君には泣けた。
c0065011_21492165.jpg

松代農舞台でバイキング&ぶっかけ蕎麦休憩。雨宿り。
c0065011_17594890.jpg

ランチ休憩のあと、田野倉、あざみ平、儀明、星峠へ。
小貫の山中でチェーン修理。儀明、星峠で小休憩。
c0065011_17561958.jpg

これは1週前に撮った星峠棚田。
c0065011_21495639.jpg

R403を室野まで。水梨を経由、新山でR353を横断、下川手、五十子平のヒルクライム。
五十子平エイドで小休憩。
c0065011_17562531.jpg

17時ゴールが怪しくなって焦って無酸素走行。
R403の室野を過ぎたところで右折すべきところ、誤って池尻まで直進してしまった。
引き返さずにR353を進めばよかった。
c0065011_17593894.jpg

五十子平からR353で辰ノ口、鹿渡を通過して再び宮中へ。
c0065011_17565073.jpg

スタート&ゴールの図。
c0065011_1757857.jpg

c0065011_17584970.jpg

c0065011_1758585.jpg

獲得標高差は2400m弱。
c0065011_17591119.jpg

実際のトラックをルートラボに載せた。

地元生まれだけど意外に通ったことがない道が結構あって驚いた。
モノクロにハマった頃は松之山や松代の里山を散々開拓したと思っていたんだけど半分は知らない道だったような。
c0065011_21411549.jpg

#モノクロを始めた頃、星峠近くの集落で撮った車庫。
by tomorou_takurou | 2014-08-29 18:43 | ポタリング
ツールド妻有2014つぶやき
(写真を追加しました2014/8/25)
只今、実家のトイレなう。
スタートまで1時間切ったけどお腹痛くて出られん。
c0065011_23122483.jpg

会場近くの駐車場が満車で実家に引きしてチャリで会場へ。
スタート10分前に会場到着。慌ててもうた。
c0065011_2395098.jpg

スタートしたけど、なかなか前が動かない。
10人づつの時間差スタート。
c0065011_7104248.jpg

7:20ようやくゲート通過。20分も掛かってもうた。結構余裕だったかも。
最後尾に近いのであとは追い越し基調で。
c0065011_22405842.jpg

最初の頃は点在するアート作品を撮る余裕あり。
c0065011_23121284.jpg

風景は良いけど、先行しているライダーが豆粒みたいに見える。
あそこまで行くのかと思うと萎える。
c0065011_23111286.jpg

あ、あそこまで登るのか…。
c0065011_22413580.jpg

坂の上の集落の合い間にライダーが見え隠れする。
c0065011_11433328.jpg

c0065011_2312553.jpg

ガリガリ君が貰えるエイドで走り始めようとしたら...写っているチャリは全てマヴィックのキシリウム!
(中央奥が自分のチャリ)
c0065011_2345275.jpg

エイドが沢山あって食べものも沢山ある。まだお腹が空いてなかったのでパエリアは遠慮した。
暑くて汗を掻いたのでキュウリやナスの漬物がえらく旨かった。
c0065011_23856.jpg

70k地点にある松代の農舞台エイドで清兵衛のぶっかけ蕎麦を食べていたら雷雨に。
ちょうど屋根があって助かった。
ここの足切りは13時なのでしばらく様子見するも雨雲レーダーによると止む気配がない。

で、結局ユニクロのポケッタブル・ウインドブレーカーを着て、小雨になったところで出発。
c0065011_11341632.jpg

80k付近のダウンヒルでチェーンが外れ、1コマ捻れて走行不能に。
チェーンを継ぎ足すミッシングリンクは持っていたけど肝心のチェーンカッターを持っていなかった。
15分ほどでニュートラルカー1号車が到着したものの、チェーンカッターがないそうで2号車を待つことに。
なんでも数キロ後方で前転した人がいて、パトカーや救急車が行ったり来たりで2号車がなかなか来ない。

チェーンが捩れるのは初めての経験で、しかも大会中&制限時間も厳しくなってきたため結構、ナーバス。
雨が止んだので小物を広げて乾かしながら1時間ほど待っていたところで、
自転車屋さんをやっているという参加者の方がハンディタイプのチェーンカッターを貸してくれた。

会話しているうちに、その方、なんと後方で事故ったご本人だそうでヘルメットがザックリ凹んでいた...。
本人はピンピンなのに実況検分に時間が掛かってしまったそうで。
ミッシングリンクを継ぎ足したところでシフトチェンジも問題なく、走行再開。本当に助かった。感謝。
c0065011_19175098.jpg

信濃川。
c0065011_2341375.jpg

時間内完走が厳しくなって無酸素走行を続けたところで痛恨の走路ミス。
右折箇所を見過ごしてしまった。慌てて引き返すも4kロス。アイタタタ。
c0065011_16474983.jpg

スタートロス、雨宿り、チェーン修理、走路ミス、
色々あったけど何とか制限時間内の16:30に完走出来た。結構キツかった…。
c0065011_16374758.jpg

おまけ:
コスカボで練習してきたけど、あまりの重さに結局、リムの薄いホイールという軟派仕様になってしまった...。
コスカボで参加したら確実に制限時間内に完走できなかったと思う。
c0065011_23311246.jpg

来年は三年に一度、黄色いジャージが貰える年なのでエントリーが難しそうだけど、できれば挑戦したい。
by tomorou_takurou | 2014-08-24 06:07 | ポタリング
奥武蔵グリーンライン
今週もグリーンライン。
これまで、白石峠をイッキに直登する代わりに、(顔振峠まで尾根伝いに下り基調でラクをする)反時計回りコースばかりであった。
走りながらも、ダラダラ登りが続く時計回りコースはキツいだろうな、と敬遠していた。
来週に向けて今週が最後の山練ということで敢えて時計回りに初挑戦してみた。
c0065011_2213091.jpg

c0065011_2213830.gif

毎度、ときがわ町の体育センターに車を停めて出発。
越生の顔振峠から山に入る。これまで下山オンリーで気が付かなかったけど斜度が結構エゲツナイ。距離が短くて助かった。
けど平地34度予報。まだまだ標高が低いので大量発汗。

花立松ノ峠。アップダウンを繰り返しながらじわじわと標高を上げていく。
ここで超久々にパンク。前輪だけ古いタイヤを引っ張り出したので原因であった。
実はここのところ前輪だけ秘密兵器を使っているのだがアダとなってしまった。
パンク修理に30分も掛かってしまい大休憩。

飯盛峠。涼しくなってきた。峠直下の2連ヘアピンにパトカー。こんな山奥で珍しい。
車とロードバイクの事故だそうでライダーは既に病院行き。クオータが寂しく放置されていた。
オマワリさんに車体番号の記載位置を教えて、前輪のクイックを外せば車に積める旨説明。
事後の実況検分でまた、ここまで来るんだろうね。
スカイラインだけあって走り屋の自動車&オートバイは怖いなぁ。
c0065011_222151.jpg

刈場坂峠。
c0065011_2231641.jpg

遥か彼方に堂平山天文台。あんなに遠かったかなぁ。お腹空いた。
c0065011_2225624.jpg

なんとか到着。
天文台食堂の豚汁で塩分補給を狙っていたけど、残念ながら平日の今日はオニギリオンリーとのこと。
その代わり時間が遅かったのでアイスコーヒーとオニギリ2個で150円であった。15時過ぎの遅い昼飯。
c0065011_2251387.jpg

走行は丁度49km。堂平山ピストンを入れなければ1周45kmくらいの周回コースか。
ジャパンカップは来年からこっちにしたらいいのにね。3-5周くらいまわって堂平山で頂上ゴールってか。
by tomorou_takurou | 2014-08-18 22:17 | ポタリング
ツールド妻有試走
というか、お盆後半に実家へ帰った際、コースを下見がてらドライブしただけ。
c0065011_045141.jpg

部分的インプレ(車で走ったので怪しい)。

<#2西田尻-->#3ベルナティオの登り>
 定峰峠レベル。白石峠に比べると斜度も緩く高低差もそれほど大きくないでイケそうな感じ。

<#6高島-->#7鉢-->#8名ヶ山の登り>
 たぶんクイーンステージ。部分的に白石峠レベル。
 やはり絶対的な高低差が大きくないのでディープリムホイールでもなんとかなりそう。
 ここからR252までは道幅が非常に狭く見通しが悪いので、
 カーブの先でコケている人を避け切れない可能性がある。要注意か。

<#12松代-->#15星峠棚田>
 最初と最後に少し登るけど下りも多いのでイケそう。

<#15星峠以降>
 終盤はコースを外れR353でショートカットしたけど距離が長ーい印象。
 おまけにラストにピーク3連荘でキツそう。

<全般的に>
 ・トンネルが多い。ヘッドライトを単三1本タイプにするか、重い4本タイプにするか悩みどころ。
 ・激坂下りが多い。ブレーキーシューの残量は要確認。
 ・距離が長い上、アップダウンが無数に続くのでLT値、AT値を超えたらアウチとみた。
c0065011_051525.jpg

c0065011_0153953.jpg


コース近くにある、そばや清兵衛のお蕎麦。エイドでも出るけど事前に食べてしまった。

R253の名ヶ山トンネルを抜けると50m位ですぐに薬師トンネルに入る。
これを薬師トンネルに入らずに左折すると間もなく、完全民家風の店舗に辿り着く(店内も完全民家)。
立地の悪さ&店の佇まいと、出てくる蕎麦のクオリティーのギャップがいい感じ。
味&コスパはメジャーな小嶋屋本店、小嶋屋総本店、由屋より上かも。

#珍しく食前の図。
c0065011_0201626.jpg

1車線しかない国道。ちょっと驚き。
c0065011_0123048.jpg

by tomorou_takurou | 2014-08-17 23:55 | ポタリング
白石峠ダウンヒル1080p日曜編

2日連続で白石峠。
いちおう、自分でもおかしいとは思っている...。

言い訳。
涼しさを狙って土曜の夕暮れにダウンヒル動画を撮影したものの
日も暮れ、固定が甘くブレ&ノイズが酷かったので再挑戦したわけ。

c0065011_19291825.jpg

どうやらGoProのハウジングが重過ぎて、これがブレの原因になっていた様子。
GoPro本体は大きな消しゴムサイズなので今回はハウニングなし、ミノウラのスマホホルダーにビニールテープで直に固定した。


結果的にブレが治まり、空が明るいことも手伝って画質も向上した感じ。
あとテープでグルグル巻きにしたせいでマイクが塞がれてイイ感じに騒音も遮られている。

撮影ブログ。
昨日と違って灼熱の真昼間で心拍を上げるとマジに危険なのでトロトロとスマホで撮りながら登った。
けど追い抜かれることもなく逆に何人か追い抜くことができた。

c0065011_19292183.jpg
・1kmもしないうちに休憩してるオヤジ2名。
・2kmもしないうちに先に登ったハズのMavic コスカボPremiumオヤジが引き返してきた。
・2kmチョイでチャリを押して歩いているチャリーナを追い抜く。
・中間付近でMavic R-SYS SLRオヤジが放心状態でへたり込んでいた。
・ラスト1kmでMavic Ksyrium SLRオヤジを追い抜く。
・ラスト400mでカップルを追い抜く。
...やっぱりここはMavicのホイールが多い。
c0065011_19292343.jpg
峠のピークは15人位。やっちん茶屋は盛況であった。
液体&ガリガリ君を補充し、いざ撮影を始めようとしたらバラバラと雨が降ってきた。
ハウジングがないので慌ててカメラを外したら、間もなく雨は止んで何とか撮影することができた。
c0065011_19292068.jpg


by tomorou_takurou | 2014-08-03 19:36 | ポタリング
白石峠ダウンヒル1080p土曜編
毎度のアホみたく、重いコスカボSLで白石峠。

一体どんなところなん、と思っている人が多いような気がしてならないので
智郎のGoProを借りて撮ってみた。

登りだと30分以上掛かるので視聴者の忍耐を考慮してダウンヒルにした。
にしても11分も下り続けるので、おおよそどんなところかイメージできると思う。

#撮ったのが17時過ぎの夕暮れどきの上、カメラの固定が甘かったのでブレ&ノイズはご勘弁。
GoPro HERO3,1080p,30fps

こちら3:30秒付近の3連ヘアピンの図。
c0065011_8443782.jpg

#埼玉県のときがわ町と東秩父村の境界にあって近隣の定峰峠と並んで、関東のサイクリストにとって最も有名なサイクリングコースのひとつ。
峠のピークは4叉路になっていて堂平山に上るルート、奥武蔵グリーンラインの定峰峠方面のルート、反対の高篠峠方面のルートに接続する。
(標高240-780m、高低差540m、距離6.4km)
ちなみに実業団の狩野智也選手はレースの翌日という体調で22分2秒だそうで。
ご参考:ヤジマ.COMさんのTT板
by tomorou_takurou | 2014-08-02 23:30 | ポタリング
奥武蔵グリーンライン2
三週続けて白石峠。
今週も都幾川町の体育センターを起点に白石峠を登って、
下山せずに尾根沿いを走る奥武蔵グリーンラインを周って鎌北湖から下山(先週は顔振峠から下山)。
再び体育センターへ戻るルート。

アップ&ダウンオンリー120kmに向けてトレーニングせねばと思い、
距離を稼ぐべく家から白石峠まで片道45kmもチャリでコギコギ(先週はときがわ町まで車)。

#青&紫は先週のルート。赤&紫が今週のルート。
c0065011_10395070.jpg

体育センターのコインロッカーに温泉キットを預けて出発。
ひとまず白石峠。先週以上に暑かったため心拍を上げないように意識してのんびりエッチラ。
#ケータイをザックに忘れたので今週は写真なし。

白石峠に着くとfacebookの予告どおり、やっちん茶屋が来ていて液体補充。全身汗まみれで助かった。

グリーンラインは標高500~700mの尾根沿いを走るので夏でも涼しい。

途中、高篠峠、大野峠、刈場坂峠、ブナ峠、飯盛峠、花立松ノ峠、傘杉峠、顔振峠、一本杉峠を通過する。

最後に鎌北湖から下山。日高方面へ下山すると巾着田へ降りるそうで。

#伊:伊豆ヶ岳、堂:堂平山、巾:巾着田
c0065011_1038204.jpg

麓の毛呂山町(もろやま)、越生町(おごせ)、都幾川町(ときがわ)は灼熱地獄で死ぬかと思った。
県道30号で体育センターに戻って蕎麦屋に突入。体が冷えるまで結構時間が掛かったので危なかった。

店を出て熊谷(今日は37度!)の温泉へ向かう。
大量発汗で液体も大量補給しているので塩分濃度が薄まっている感じがして水分補給すら怖い状況。
灼熱のなか、コンビニのイートインで冷却しながらフラフラと銭湯に到着。水風呂&昼寝。
GPSの走行距離は150.3km。
c0065011_1040857.jpg

アップ&ダウンオンリー120kmはやっぱし無理かもしれない。
殆どアップダウンということに加えて灼熱がネックだと思った。
今日は冷房の効いた蕎麦屋、コンビニ、風呂で冷却しながらだったけど
大会はコンビニすらない山中(標高はそんなに高くないので暑そう)が中心なので熱中症が心配。
13時の関門でショートの部(80km)に鞍替えできるそうなので状況次第で判断しようと思う。
あと濡れタオルと塩を携帯しとこう。
by tomorou_takurou | 2014-07-26 23:55 | ポタリング
奥武蔵グリーンライン
二週続けて白石峠。
今週は暑かったので都幾川町の体育センターまで車で行って、そこを起点に白石峠を登って、
下山せずに丘陵の尾根沿いを走る奥武蔵グリーンラインを周って顔振峠から下山。
再び体育センターへ戻るルート。グリーンラインは何年振りかな。

ひとまず白石峠。今日はのんびり撮りながらエッチラ。
c0065011_23371879.jpg

先週に続いて、またリアのチェーン落ち。
おまけにフロントインナーにするとリアディレイラーがスポークに接触するという。これには参った。
激坂なのに怖くてファイナルローに落とせないとは...調整してもらわねば。
c0065011_23371015.jpg

c0065011_23365886.jpg

白石峠に着くと、やっちん茶屋(facebookアリ)が来ていてアイス&液体補充。
全身汗まみれだったので助かった。
c0065011_23363497.jpg

グリーンラインは標高500~700mの尾根沿いを走るので夏でも涼しい。
c0065011_23361721.jpg

ところで。グリーンラインはそんなにチャリンコオヤジは多くないんだけどMavicホイール率が高かった。
キシリウムのSL、SR、SLRは一通り居た。山道には軽量ホイールで来るだろうから当たり前か。
てか、重いコスカボSLで峠なんて間違ってる。
c0065011_233669.jpg

c0065011_23355090.jpg

途中、高篠峠、大野峠、刈場坂峠、ブナ峠、飯盛峠、花立松ノ峠、傘杉峠を通過。
c0065011_23353843.jpg

最後に顔振峠から下山。
c0065011_23352720.jpg

麓の”越辺川”の文字の辺りに、パン工房シロクマ。
”都幾川”の文字の辺りに、丘の上のパン工房アライという2つのパン屋さんがあって、
今日は帰りにアライに寄った。
”刈”は狩場坂峠で、峠の向こうへ下ると毎度の正丸駅がある。
c0065011_23351392.jpg

GPSログを真上からみた図。埼玉は半分が山なんだね。
1周46kmだったのでこれを10時間で3周回か...死ヌ。
#毎度の様に温泉&天ザル&昼寝して帰宅。
by tomorou_takurou | 2014-07-21 23:42 | ポタリング