奥武蔵グリーンライン2
三週続けて白石峠。
今週も都幾川町の体育センターを起点に白石峠を登って、
下山せずに尾根沿いを走る奥武蔵グリーンラインを周って鎌北湖から下山(先週は顔振峠から下山)。
再び体育センターへ戻るルート。

アップ&ダウンオンリー120kmに向けてトレーニングせねばと思い、
距離を稼ぐべく家から白石峠まで片道45kmもチャリでコギコギ(先週はときがわ町まで車)。

#青&紫は先週のルート。赤&紫が今週のルート。
c0065011_10395070.jpg

体育センターのコインロッカーに温泉キットを預けて出発。
ひとまず白石峠。先週以上に暑かったため心拍を上げないように意識してのんびりエッチラ。
#ケータイをザックに忘れたので今週は写真なし。

白石峠に着くとfacebookの予告どおり、やっちん茶屋が来ていて液体補充。全身汗まみれで助かった。

グリーンラインは標高500~700mの尾根沿いを走るので夏でも涼しい。

途中、高篠峠、大野峠、刈場坂峠、ブナ峠、飯盛峠、花立松ノ峠、傘杉峠、顔振峠、一本杉峠を通過する。

最後に鎌北湖から下山。日高方面へ下山すると巾着田へ降りるそうで。

#伊:伊豆ヶ岳、堂:堂平山、巾:巾着田
c0065011_1038204.jpg

麓の毛呂山町(もろやま)、越生町(おごせ)、都幾川町(ときがわ)は灼熱地獄で死ぬかと思った。
県道30号で体育センターに戻って蕎麦屋に突入。体が冷えるまで結構時間が掛かったので危なかった。

店を出て熊谷(今日は37度!)の温泉へ向かう。
大量発汗で液体も大量補給しているので塩分濃度が薄まっている感じがして水分補給すら怖い状況。
灼熱のなか、コンビニのイートインで冷却しながらフラフラと銭湯に到着。水風呂&昼寝。
GPSの走行距離は150.3km。
c0065011_1040857.jpg

アップ&ダウンオンリー120kmはやっぱし無理かもしれない。
殆どアップダウンということに加えて灼熱がネックだと思った。
今日は冷房の効いた蕎麦屋、コンビニ、風呂で冷却しながらだったけど
大会はコンビニすらない山中(標高はそんなに高くないので暑そう)が中心なので熱中症が心配。
13時の関門でショートの部(80km)に鞍替えできるそうなので状況次第で判断しようと思う。
あと濡れタオルと塩を携帯しとこう。
# by tomorou_takurou | 2014-07-26 23:55 | ポタリング
奥武蔵グリーンライン
二週続けて白石峠。
今週は暑かったので都幾川町の体育センターまで車で行って、そこを起点に白石峠を登って、
下山せずに丘陵の尾根沿いを走る奥武蔵グリーンラインを周って顔振峠から下山。
再び体育センターへ戻るルート。グリーンラインは何年振りかな。

ひとまず白石峠。今日はのんびり撮りながらエッチラ。
c0065011_23371879.jpg

先週に続いて、またリアのチェーン落ち。
おまけにフロントインナーにするとリアディレイラーがスポークに接触するという。これには参った。
激坂なのに怖くてファイナルローに落とせないとは...調整してもらわねば。
c0065011_23371015.jpg

c0065011_23365886.jpg

白石峠に着くと、やっちん茶屋(facebookアリ)が来ていてアイス&液体補充。
全身汗まみれだったので助かった。
c0065011_23363497.jpg

グリーンラインは標高500~700mの尾根沿いを走るので夏でも涼しい。
c0065011_23361721.jpg

ところで。グリーンラインはそんなにチャリンコオヤジは多くないんだけどMavicホイール率が高かった。
キシリウムのSL、SR、SLRは一通り居た。山道には軽量ホイールで来るだろうから当たり前か。
てか、重いコスカボSLで峠なんて間違ってる。
c0065011_233669.jpg

c0065011_23355090.jpg

途中、高篠峠、大野峠、刈場坂峠、ブナ峠、飯盛峠、花立松ノ峠、傘杉峠を通過。
c0065011_23353843.jpg

最後に顔振峠から下山。
c0065011_23352720.jpg

麓の”越辺川”の文字の辺りに、パン工房シロクマ。
”都幾川”の文字の辺りに、丘の上のパン工房アライという2つのパン屋さんがあって、
今日は帰りにアライに寄った。
”刈”は狩場坂峠で、峠の向こうへ下ると毎度の正丸駅がある。
c0065011_23351392.jpg

GPSログを真上からみた図。埼玉は半分が山なんだね。
1周46kmだったのでこれを10時間で3周回か...死ヌ。
#毎度の様に温泉&天ザル&昼寝して帰宅。
# by tomorou_takurou | 2014-07-21 23:42 | ポタリング
Ksyrium SR前だけ
真夏の「アップダウンオンリー120kmの大会」に向けて、コンパクトクランクに交換したものの、白石峠のタイムが2分遅くなってしまった。
次の対策として、お金はを掛けずに”前輪だけ”でも軽量化せねばなるまい、と考えていた。

【解説:前輪だけ】
装着済みのディープリムホイールは、空力が良くてパワーロスが少ない反面、重くなりがちでパワーロスが大きいという、よく分からない特性がある。
結果的に、登りに弱く、下りに強い。要は平地向き。

で、去年鎌倉へ行った際、前輪だけ(今は無き先代の)シマノRS80にしたら目からウロコが出るくらい軽く感じたので
その記憶を頼りに「前輪だけ軽くて超格安の中古ホイール」にしたら、安い費用で坂道をラクに登ることが出来るようになるのではないか、という理論。
せっかくなら、前後ホイールをマヴィックで揃えたらオシャレ。という想いも。ネックは円安。

で、蛇の道は蛇ではないけど、
中古とはいえ、新品定価のナント15%の値段でキシリウムSR(の前輪だけ)をゲットできてしまったヽ(゚Д゚;)ノ!!
15%オフではなく、85%オフなところがちょっと凄いかも。
まさか自分の様な平民がゲットできるとは思っていなかったので、森伊蔵の購入券が当たった様な感じ。
c0065011_2231923.jpg

ちなみにマヴィックのキシリウムには色々なタイプがあるので、それぞれの前輪の重量をググってみた。

EQuipe:845g-->770g <--モデルチェンジで軽くなった。
Elite:772g-->680g
SL:680g-->645g
SLS:605g
SL Premium:645g
ES:645g
K10:638g
SR:645g  <--コレ。
SLR:630g
125:605g
#シマノRS80:630g  <--コチラ先代。国産メーカーはリーズナブル。
#コスカボSL:780g <--コチラ現役。空力重視で軽量化を諦めている。
c0065011_22410100.jpg

キシリウムの代名詞といえば、横断面の太い、きし麺スポーク。
剛性と空力を両立してそうな感じ。これが18本。
あとSRのハブはカーボンで太い。
c0065011_2242892.jpg

それに比べて、コスカボのスポークは折れそうなくらい細い(RS80も同じくらいだったような)。これが16本。
ハブも恐いくらい細い。よく平気で乗ってたもんだ。
駐輪場のゲートでセンサーが反応しないという弱点も。
フルカーボンではないのに何故か駐輪場に入られない。
c0065011_2243974.jpg

早速、家の前を流したところ...
か、軽い!ハンドル軽っ!ステムの長さを半分くらいに縮めたような感覚。
チューブ&リムテープ込みで僅か150gの軽量化なのに、全然違う乗り物みたい!

そしてホイールの剛性をハッキリ体感できる!
(リムテープが要らないので)重さはシマノRS80とほぼ同じなのに遥かにガッチリしている。
うーむ、流石、ホイールメーカーの定番モデルだけある。あ、でもコスカボもマヴィックなんだけど。
某実業団選手が”シマノのC24系リムをデュラを冠するのはキャラに合っていない。”、”軽量ヒルクライマーや力のない女子向け”、とインプレしていたのはこういうことなのか。

これで、白石峠の自己ベストを達成できそうな予感。けど後輪は相変わらず重いから無理か。
# by tomorou_takurou | 2014-07-09 22:15 | ポタリング
久々の熊谷ポタ
日曜は久々の晴れ予報。
イモを掘ってから15時過ぎに荒川CRを北上。
c0065011_0194616.jpg

テニスの県大会を前に本番コートで慣らしをするという情報を察知し、ポタを兼ねて熊谷へ。
#当初の会場予定だった熊谷ドームは積雪で屋根が破れて今年度は利用不可だそうで。

練習は曇り空&17-19時という微妙な時間であったため、
撮影には今ひとつであった。
それでも配布用に2GB撮って(結構、喜ばれる)、自分は18時過ぎに切り上げた。

結局、珈琲館-->星乃珈琲-->温泉したら帰宅は深夜近くになってしまった。
c0065011_020732.jpg

c0065011_0201537.jpg

ダッシュが新鮮に感じられるオッサンになってしまった。
c0065011_0202443.jpg

c0065011_0203362.jpg

補正の作例としてフォトショで加工。
クロップ、レイヤー複製、輪郭検出、グレスケ、コントラスト、オーバーレイ、擬音&集中線レイヤー、レイヤー合成...。
集中線は上部が白線、下部が黒線に反転。擬音も白黒反転ってどうでもいいか。
c0065011_0204171.jpg

BEFOREの図。
c0065011_0205456.jpg

# by tomorou_takurou | 2014-07-06 23:50 | ポタリング
久々の白石峠&堂平山
(内容少なし文字多し)

ようやくチャリンコ大会にエントリした。

これまでチャリレースを敬遠してきた理由は、ギアがノーマルクランクだったため。
自分が出られるチャリンコ大会はヒルクライム系が多いので登れるギアでないと厳しかった。

ちなみにフロントギアにはノーマルとコンパクトがあってメジャーな歯数は以下のとおり。

ノーマルクランク:
 アウター52T/インナー39T、標準タイプ。
コンパクトクランク:
 アウター50T/インナー34T、子女、非力な人向け。
c0065011_23131436.jpg

白石峠なんかだとフロント39T*リア27Tにしても時速5Km/hとか記録したり、それはそれはキツイ!
で、予約が難しい大会にエントリできたものの
「平地が殆どない120km、制限時間10時間」ということで
チャリ屋さんにコンパクトクランクに交換してもらうことにした。

で、チャリ屋さんにひとまず予約を入れたところで、ビフォー/アフターを比較すべく
ディープリムホイールのコスミックカーボンで初めて白石峠に挑戦した。
c0065011_23141890.jpg

ところで。
コスミックカーボンはリム(タイヤと接するところ)が異常に重く(前後重量1750g)、
スピードに載せるのに時間を要する反面、(リムの重さとカーボンブレードのエアロ効果のおかげで)
一度回り始めると速度維持がし易い。らしい。
平地巡航向きで決して山には近づいていけない。らしい。その意味でもコンパクト化は必然であった。
実際、これまで荒川CRを中心に乗っているし、ロングライドを除いて山&峠には一切近づいていない。

取り敢えず、物見山経由で白石峠へ。
ロードバイク蟻の道。峠の麓に辿り着くまでに100人位のチャリオヤジに抜かれたような。

ともかく、峠突入。
無理を承知で峠インしたため、低心拍を心掛け、ダンシング(立ちこぎ)は脚を休めるつもりでエッチラ。

意外にも抜かれたのはZIPP303(30マンエンのホイール、前後重量1255g)のお方のみで
ヘビーな方1名を抜いて、もう1名に追い付いてペースメーカーになってもらった。
しかし、タイムは37分も掛かっており、やはり異常に遅い(速い人は20分台前半で登る)。
しかし、しかし先代のホイール、シマノRS80(前後重量1530g)のときとあんまし変わらないので思ったより悪くないような。
重量の割に、想像していたほどキツくはなかったし。

で、半ば昏睡状態で峠のピークに辿り着くと、20人ほどのチャリオヤジが放心状態で座っていた。
倒れかけようとした刹那、ナ、ナント!軽トラオヤジが冷えたドリンク&アイスと共に仰臥している!
今日は真夏日予報で全身塩々だったので、これには驚いた。ナント、カットメロンまで売っていた。こんな山中で。
c0065011_23145560.jpg

嬉しくてガリガリ君とメロンを戴いたら元気が出てきたので、続けて堂平山山頂まで頑張ってしまった。
堂平山の山頂にある天文台に至っては軽食屋さんになっていた。あいやー。今度から手ぶらで行けちゃいそう。
c0065011_2315913.jpg

復路の標高800mからのダウンヒル。
正直、スピードが出て危ないのであんまし好きではなかったのだが
コスカボはタイヤ&リムが地面に吸い付くような感じで異常に走りやすかった。上手くなったような気がするくらい。
走行フィールはオートバイに似ている感じ。コスカボ、改めて見直した感。
c0065011_23152054.jpg

帰りは、また熊谷まで降りて珈琲館でメシして温泉in。
夕方まで寝湯で昼寝して帰宅。この日の走行距離は130kmだけど平地中心ということを考えるとやはり山岳120kmは無謀だったか。
途中、チャリ屋さんにチャリを預けたので来週以降、再び白石峠に挑戦せねば。
# by tomorou_takurou | 2014-05-25 23:24 | ポタリング
MAVICオイル
マヴィックホイールのフリーボディには定期的に専用オイルを注油すべし。
ということなのでタイヤ交換のついでにやってみた。

スプロケは外さなくてもよいそうだが、いちおう清掃を兼ねて外した。
c0065011_22143348.jpg

c0065011_22144568.jpg

5mm&10mmのアーレンキーでフリーボディを外す。
c0065011_2215680.jpg

外したところ。
内部は想像していたより汚れていなかったけど、まぁ汚れてはいるので布と綿棒で拭き拭き。
専用オイルをたっぷり塗った。この程度で「走りがギヤ1,2段軽くなる」とは、とても思えず。
c0065011_22152383.jpg

早速、熊谷へ。
ビックリするくらい、走りが滑らかになった。乗り心地までも良くなった。
買いたてのときよりよく回るくらい。目から鱗。
少し煩かったラチェット音が皆無になったので、これを目安にしよう。

コスカボを買った人は新品であっても(セラミックに手を出す前に)
まず、球当たり調整とフリーボディ清掃&オイル注油をやったほうがよいかも。
c0065011_22153712.jpg

(翌日...。)
タイヤはミシュランのPro3がモデルチェンジしたのでPro4に。
c0065011_22155674.jpg

カラーは蛍光グリーンが無くなったので赤にした。
c0065011_2216984.jpg

新品なんで当然ながらゴムゴムしい感じで更に乗りごこちがよい。

ヤフオクが安かったけど競り負けたのでChainReactionCycleで送料無料通販。
同じイギリスのWiggleよりSkinsなんかが安いのでまとめ買いするとがお得。
c0065011_22162663.jpg

ちょっとしたことで走りが劇的に良くなるところがロードバイクの面白いところかも。
# by tomorou_takurou | 2014-05-06 22:24 | ポタリング
2014R4その2
宿代が結構掛かってしまったところで、クレジットカードを家に忘れてしまった...。

帰りは新幹線で輪行するつもりなのでググって皮算用。
郡山・大宮間の電車代は6000円、福島は8000円、仙台は10000円。
北上するほど貧しいツーリングになるが、ここで引き返したらグダグダ・ツーリングになってしまう。
体力的には仙台でもう1泊したいが、さすがに諦めるしかない。
お土産は忘れよう。

ひとまず2日目は、仙台市をスルーして松島の手前、塩竃でお魚を食べることを目標にする。
走行距離は僅か90kmで済む感じ。

白石の辺りで雪山の蔵王。
c0065011_2242635.jpg

白石、国見の辺りはバイパスのせいでスピードが出るけどアップダウンがキツい。
#特にお泊りセットのザックを背負うとバイパスの登りでディープリムホイールの重さが気になった。

岩沼署の前でR4を離脱。県道10号で塩竃へ向かう。
名取川に架かる閖上大橋を渡って一旦、仙台市に入る。
3年前、水田に点在していた自動車は跡形もなく。
c0065011_224286.jpg

一応、目的の塩釜水産物仲卸市場。こういうところ大好き。
ユニークなのが300円でごはん&味噌汁だけ売っていて、
市場でお好みのお刺身を買って食べられるシステム。ウニ丼を自作している人が多かった。

が、残念ながら着くのが遅くて、ごはん売り切れ。
市場にあった普通の海鮮丼屋で済ませた(お金が無くて鮨を諦めた...次回こそは)。
c0065011_2243045.jpg

c0065011_22532.jpg

仙台塩釜港。
c0065011_2244016.jpg

港湾の一部はまだ陥没してた。
c0065011_2243235.jpg

だた広い埠頭でオヤジが釣竿を並べていた。

私:「(リモコンの動作確認か?)これ、オヤジ。そこで何をしているのか。」

オ:「へい。海釣りで御座います。」
c0065011_2244337.jpg

オ:「この穴の下は海で御座いまして、ここに仕掛けを垂らしているので御座います。」

私:「なんと!これは異な、何が釣れるのか。」

オ:「アイナメ、ハゼなどが釣れるので御座います。ヒラメなどは大き過ぎて仕掛けごと諦めるので御座います。」

私:「これは面白い。撮らねば。」
c0065011_23334212.jpg

オ:「大きな携帯ですなぁ。どちらから。」

私:「埼玉である(輪行云々は省略)。」

オ:「せっかくなので1枚撮らせてもらえないでしょうか。」

私:「穴釣りに免じて1枚だけだよ。あ、待って、ヘルメット脱ぐし。」

オ:「へいへい。(パシャ)上手く撮れましたでしょうか。」

私:「おっ!巧いじゃん。ちゃんとイケメンで撮れてるし。」
c0065011_15304838.jpg

赤点でオヤジ撮影。広大な埠頭全体で穴釣りが可能。
c0065011_225573.jpg

イチイチGPS。
c0065011_225125.jpg

塩竃から仙台駅まで18km。
で、仙台駅着。
最早、感慨もなく、さっさと指定席をゲットしてからチャリを梱包。
c0065011_2244954.jpg

2日目のトラック。
c0065011_2245930.jpg

2日間のトラック。1日目宇都宮線のトラックを録るのを忘れた。
c0065011_225712.jpg

登り電車は空いていた。時速270kmの図。
c0065011_2245154.jpg

2011年以来、3年振りのR4ツーリング。
ちょっと気になったのは福島・宮城の路面状況の悪さ。
路肩の砂利、砂が物凄く溜まっていた。延々と。
拡幅工事が行われていたので既存道路の補修はともかく、清掃作業まで停めちゃってるのだろうか。
上手く廻っていないのだろうか。優先順位の問題かな。
# by tomorou_takurou | 2014-04-27 22:03 | ポタリング
2014R4その1
連休初日から晴予報ということで
2011年(チャリ)と2012年(車)に続いて、また東北ツーリング。

初日、26日は時計が鳴らずに寝坊。
宇都宮は何度も行っているので禁断の輪行にした。
特に拘りもプライドも無く。

家でチャリを畳んでカミさんに大宮駅まで送ってもらい、宇都宮線で2時間&2000円で黒磯駅着。
よく聞く駅だが宇都宮線に乗っている埼玉県人でここまで来る人は(泥酔オヤジ以外は)殆どいないのではないだろうか。
c0065011_2155227.jpg

黒磯駅は那須塩原町にあって標高が既に300m。
国道4号線のピークは栃木・福島間の白河の辺りでも確か450m程度。
今日の目標は福島市の辺りだから走行距離は120km位なので(2011年の初日は家から郡山の200km)、随分と楽チン。

昼過ぎに走り始めて間もなく茶臼岳が薄っすら。
登ったとき1
このとき北温泉に行ったのか...。
登ったとき2
撮ったとき
c0065011_21564116.jpg

R4を暫く登るとすぐに福島県。あとは、ひたすら下り基調のまま郡山を通過。
二度目の上、R4は被写体が少ないので撮るものがない。
しかし磐梯山は外せない。
c0065011_21564711.jpg

福島市中心部近くの阿武隈川。
c0065011_21565052.jpg

阿武隈川と夕日。
ガスってなければ吾妻小富士の雪うさぎが見えたのだろうか。
今日はここまで。
c0065011_21565572.jpg

土曜はトラックが多くて危なかったけど追い風気流が発生するのでプラスにはなった。
気温も24度位まで上昇して絶好のチャリ日和であった。
c0065011_2157223.jpg

# by tomorou_takurou | 2014-04-26 21:54 | ポタリング
うどん改め温泉ポタ
GWに急にツーリングに行きたくなるかもしれないので
計画は無くとも念のため心と体の準備をしておかねば、ということで讃岐うどんポタを思い立つ。

候補は赤羽の「すみた」か、寄居の「イーハトーボ」か...。
チャリで荒川CRへ向かいながら、東松山のスーパー銭湯が脳裏に浮かび、いつもの様に荒川CR(右岸)を北上する。

イーハトーボは久しく行っていないのと究極の立地に在るため、腹を空かせて休業日だとキツイので
圏央道高架下で休憩しつつ、念のため、営業日をチェック。
すると、グーグル窓のサジェスト予測に”閉店”の文字が...。

目的を失い、そのままダラダラと熊谷まで北上。
地図を眺めると上武道路(R17バイパス)があったので、美味いランチを断念して距離を優先。
再び左岸に渡り、何となく群馬方向へ北上する。

新上武大橋&小山川橋。コミで1.6kmもある。
赤矢印が橋の向こう岸。つまり群馬。
c0065011_031049.jpg

坂東太郎。
c0065011_032652.jpg

橋の直下に利根川CR。余りの単調さ&長さ故、敬遠している。
いつか河口まで下ってみたいような、みたくないような。
c0065011_034813.jpg

途中、群馬のコンビニでコーヒー&パンして道の駅おおたに寄って引き返す。

復路は熊谷で温泉に寄って出たら、キツい向かい風で泣けた。
おまけに左岸土手は27年3月末まで工事延長ということで
走るのは右岸に限られるという(都合、荒川を2往復)。
ま、いい運動になったけど。
c0065011_053461.jpg

ところで。
記録的に暑い夏&寒い冬は、誰でも感じたと思う。
で、この時期、妙に風が強いことに気づいている人はいるだろうか。

チャリに乗っていると必然的に追い風、向かい風に対して敏感になるのだが、
今年は、泣ける向かい風が本当に多い。頑張って半分のスピードも出ないこともザラ。
うーむ、雨ならまだしも、風リスクでロングライド計画が破綻するは嫌だなぁ。
# by tomorou_takurou | 2014-04-20 23:29 | ポタリング
ポカポカ陽気
この土日は続けて温泉ポタ。

唯一のニュースは清河寺温泉のポイントが貯まって無料になったことくらい。
#これでもアチコチの温泉をバラして通っているので、なかなかポイントが貯まらないクチ。
c0065011_23335081.jpg

比企CRと荒川CRの分岐点。
土曜は猛烈な北風。日曜は南風。この辺りは延々と風除けが無いので向かい風に”当たる”と泣ける。
この週末はここを3回も通過した。
c0065011_2334575.jpg

マジックタイムのちょっと前。無理に露出を落としたせいで青がでない感じ。
c0065011_23341688.jpg

以上、EOS Mの加工の余地のある画像。
以下、XPERIA Z ULTRAの加工の余地のない画像。
c0065011_2335248.jpg

c0065011_23352882.jpg

c0065011_23361959.jpg

c0065011_23363345.jpg

c0065011_23364893.jpg

10年位前のケータイ画質というか、SD動画をキャプチャーしたような画質。
不自然な色調&狭い階調。アンシャープが効かない。
同じ800万画素のiPhone4S(カメラモジュールはソニー製)の足元にも及ばない。
今どき、この程度のカメラモジュールを作るほうが返ってコストが掛かるのではないだろうか??
c0065011_2337729.jpg

# by tomorou_takurou | 2014-04-13 23:51 | ポタリング