ぐんま百名山

昨秋から、Ingressの山頂ガーディアンポータルを狙いつつ、
ヤマノススメ聖地巡礼をするうちに登山マイブームが復活してきました。

で、せっかくなら日本百名山は無理でも、埼玉百名山くらいならば、と調べたところ
なんと埼玉にはないんですね。近隣の山梨や群馬にはしっかりあるんです。
(埼玉は低山に恵まれているのですが......)


山梨は若干距離があってあんましですが、群馬は実家の新潟と埼玉の間にあってよく通過します。
タイムリーなことに昨年、国内最長となる、ぐんま県境稜線トレイルなる登山道が整備されました。
トレイルルートは中央分水嶺沿いに整備されていて、群馬百名山も点在しています。
で、諸々ひっくるめて群馬百名山を目標にしようか、と考えてました。

ひとまず、旧ブログを改築して登山用の備忘ログにしようと考えているところです。

今のところ、サミットプッシュは13座です。
赤城山(黒檜山),浅間山(前掛山),荒船山,草津白根山,黒斑山,茂倉岳,蛇骨岳,
谷川岳,日光白根山,榛名山(掃部ヶ岳),巻機山,妙義山(相馬岳),横手山

ぐんま県境稜線トレイルポータルサイト
ぐんま百名山

群馬県 山のグレーディング

http://www.pref.gunma.jp/contents/100032889.pdf
http://www.pref.gunma.jp/contents/100032890.pdf


# by tomorou_takurou | 2019-01-19 23:03 | | Trackback
赤岳3
翌朝起きると外は霧雨。
山頂まで標高200m弱。下山の中岳道は気が抜けません。
風も強く視界も悪いので山頂は登らなくて、いいよねの空気感。
c0065011_11281072.jpg

自分独りなら登っただろうけど、言い出しッぺでしたので
誰か事故になるとアレなんで大人の判断で下山開始です。
c0065011_11281716.jpg

写ってませんが右:南牧村、左:茅野市の方向にそれぞれスパッっと切れ落ちております。
c0065011_11281825.jpg

元来た地蔵尾根を下り始めます。
c0065011_11282015.jpg

ケータイは撮像素子が小さいため遠近感が全然表現できません。
実際はたいへん急で、左右も切れ落ちていて結構、高度感がアリマス。
c0065011_11282161.jpg

核心部。底無しにキレキレ。クサリを離すと余裕で逝けます。
こんな怖いところ初めてかもしれません。人を連れてきたことを後悔しました。
c0065011_11282365.jpg

簡単に逝けます。これせいでアッサリ登頂を諦めたといえます。
c0065011_11282466.jpg

なんとか行者小屋に戻ってきました。
c0065011_1128262.jpg

再び、もののけ姫の南沢を下ります。
c0065011_11282920.jpg

c0065011_11283249.jpg

駐車場に着くと晴れ間が射してきました。甲州盆地まで戻ると完全に晴れ。皮肉です。

#初日の遅れが敗因でした。登頂もできずグダグダの登山になってしまいました。
 いつか、日帰りトレランをしてみようと思います。
# by tomorou_takurou | 2013-09-15 23:58 | | Trackback
赤岳2
赤岳天望荘では安い大部屋(¥9k)にしましたが、
一緒に行った人間は個室(¥12k)にすれば良かったのにとブルジョワなことをいいます。

写真、上から大部屋フロア、個室フロア、個室、食堂。
個室は二段ベッドに白い布団に対して、大部屋は寝袋で2畳に3人とギャップが大きい。
確かに個室もアリだなと思いました。
c0065011_1184242.jpg

写真、上から夕食と朝食。時間制食べ放題のバイキング式。到着が遅かった自分達は最後の3回戦目で食べることが出来ました。
#自分はバイキング式になると何故か食べられなくなる体質で、写りが質素に観えるけど標高2700mを考えれば満足でした。
あと生中は800円ですが山小屋にいる間はコーヒーが飲み放題です。
3枚目は、晩飯はどうせ質素だろうからと、保冷剤と共にスーパーで買った豚角煮を担いできたのですが...なんと晩飯に食べ放題の角煮が出てきた図。
c0065011_1184589.jpg

有名な五右衛門風呂は時間制の都合で諦めました。
c0065011_1132591.jpg

明日は時計回り赤岳山頂、中岳、阿弥陀岳を周る計画。
# by tomorou_takurou | 2013-09-15 23:50 | | Trackback
赤岳1
八ヶ岳に向かってズームラインを進みます。
c0065011_1049635.jpg

連休初日の大渋滞により当初の計画を変更。
美濃戸口からではなく悪路の先の、やまのこ村に車を停めました。
それでも出発は13時過ぎになってしまいました。
c0065011_10492054.jpg

雲は多いが晴天で歩き始めは順調です。
c0065011_10492853.jpg

c0065011_10493072.jpg

苔とシラビソに覆われた、もののけ姫の世界が続きます。
c0065011_1049371.jpg

c0065011_10503664.jpg

c0065011_10513582.jpg

2時間半で行者小屋に到着。
当初、ここで昼飯の予定だったのですが16時近くになってしまいました。
c0065011_10505354.jpg

(ここから恐怖の地蔵尾根は人のIさんのデジカメを借りて撮影したため画像なし)
恐怖の地蔵尾根をクリア。右から阿弥陀岳、中岳、赤岳。
翌日はこれらを馬蹄形に登って下る計画です。
c0065011_10523772.jpg

赤岳の肩にある赤岳天望荘(展望荘にあらず)が見えてきました。
c0065011_10524193.jpg

なんとか暗くならないうちに到着できました。標高は2700mちょい。
c0065011_10551360.jpg

# by tomorou_takurou | 2013-09-15 23:44 | | Trackback
赤岳天望荘なう
赤岳天望荘にて
c0065011_1930939.jpg

# by tomorou_takurou | 2013-09-14 19:26 | | Trackback
伊豆ヶ岳2013
まったく運動ができていないので毎度の伊豆ヶ岳で予行演習です。

正丸駅に車を停めます。
午後から雨予報のところ昼過ぎに入山。
c0065011_2211656.jpg

しかし密林では雨は下まで落ちてこないのでカッパ無しでいけました。
c0065011_22111917.jpg

今週になって急に涼しくなった感。
時間も遅く、珍しく山頂は誰もおらず。
追い抜いた登山客もわずか2パーティのみ。
c0065011_22125914.jpg

吾野駅で少し待って秩父線2駅で正丸に戻りました。
吾野16時発だから4時間も掛ったのか?
c0065011_22131443.jpg

明けて筋肉痛がヒドいかなと思ったらケツ筋が少し痛む程度で他は問題ありません。
循環器系がダメダメで、あまり筋力を使っていないのがひとつ。
チャリがいい運動になっていたのがひとつ。
あと下山時にピッチを刻んで重心を外さないように意識して歩いたおかげか。などと。

以前、吾野駅で盗られたトレッキングポール(悪路でもバランスを取り易い)がまた欲しくなってきました。
# by tomorou_takurou | 2013-09-07 22:09 | | Trackback
富士登山競走の試走
富士登山競走の試走をするということで付いて行きました。
今年は自分は出走しないので、ただのヒマ潰しです。

前泊組は前日の土曜に市役所から0合目の馬返しまでロード区間を試走。
日曜出発組は日帰組&前泊組と一緒に、富士吉田口を0合目中ノ茶屋から五合目佐藤小屋まで試走。
練習したい人はさっさと登って、そうでない人はのんびり軽いトレッキング(自分は日帰りトレッキング派)。

富士吉田口は0合目から登れることもあってマイナーで知られていますが、
本番2週間前の3連休だけに試走ランナーが大勢いました。一般登山者の方が少ないくらい。
c0065011_2284822.jpg

被り物で試走している人も。用意周到。
c0065011_2293110.jpg

2時間程で五合目に到着。眼下に富士吉田市。
c0065011_2291170.jpg

佐藤小屋でラーメンを食べて一緒に下山。
c0065011_229565.jpg

c0065011_2293675.jpg

シーズンのせいか富士登山競走(競争にあらず)の備忘録ネタに結構アクセスがあります。
訪問者数でいえば参加者全員が読んでいる感じです。
もしかしたら、今年は登山道でナンバ歩行をする人が大勢いたりして。
c0065011_22101877.jpg

お約束のふじやま温泉でビール&昼寝。
積極的に身体を疲れさせた後の風呂メシが真の目的です。
酔いが醒めてから深夜過ぎに帰宅しました。
c0065011_221002.jpg

いい加減、ワンパターン。
# by tomorou_takurou | 2013-07-14 22:07 | | Trackback
道志村トレイル(うんこマン)
前々からエントリしてたトレランレースです。

ここ2年、まともにジョギングしてなかった上、憩室炎からの退院したあと、一度も走っていなかったため
同僚を応援しつつ、参加賞だけ貰って帰ろうと考えていましたが
天気が良くトレッキング日和だったので結局、自分も出走することにしました。

#ロングの部(36km)スタート直後
c0065011_22282075.jpg

が、スタート間もない最初の峰のピークで激しい腹痛に襲われました。
いちおう憩室炎の再発ではなくてゲリピー。
見通しのよい尾根道&ノロノロ渋滞のなか逃げ場の無い地獄を見ました。
偶然にも一般ハイカーが居て、更に偶然にもトイレットペーパーを持っておられたので
事情を話して紙をわけていただきました。ふぅ。

大自然のなか登山道を逸れて直腸内のアルカリ性物質を放出。
前の晩からゲリピーを何度も繰り返していたことをすっかり失念していました。
再びコースに復帰すると誰も居なくなっていました...。
c0065011_22293753.jpg

しばらく進むと偽ビリの方+伴走係員に追いつきました。
後ろから居ないハズのランナーが現れたため驚かれた様子。

さて、コースは一旦、麓に降りて第二のピークを目指します。
途中、小学校脇にトイレがあったので、
まさかの自体に備えてトイレットペーパーを補給します。

第二ピークをクリアしたところで案の定、再び腹痛が再発。
登山道を逸れて大自然に思いを放出。
今度は紙があったので余裕の人です。

#ネットに落ちていた自分。
c0065011_22493863.jpg

ウンコピットインを挟んで最下層のランナー達と抜きつ抜かれつは非常にもどかしく。
練習不足でモモ上げ筋が吊りそうになってペースも上がらず。

スタート前は小学生親子ペアを3,4組ほど見かけたけど
結局、ゴール直前で1組に追いつくのが精一杯でした。
c0065011_22301456.jpg

タイムはショートの部(20km)で4時間数分台。順位は後ろから何人目という結果。
小学4年生のボクは3時間21分とのこと。腹痛がなくても勝てなかったと思われます。

GPSのログをUp。茶色い丸がウンコピットインした場所ですw
c0065011_21351582.jpg

# by tomorou_takurou | 2013-06-09 22:47 | | Trackback
富士山2012
(先週の土、日曜の話です)
チャリンコツーリングした長野から帰宅した土曜19時に埼玉を出発しました。
出発が遅いような気もしますがプランに従います。
#登る前から脚が終わっているような...。

今回は河口湖口をピストンです。
富士登山競走の下山路でおなじみですが、ここからの登りは初めてです。
c0065011_12104050.jpg

五合目は驚きの寒さ。吐く息が白い。
真夏の信州&埼玉から間もないのと、富士登山競走では皆、短パンで登ることもあってスッカリ山をなめてました。
薄手の長袖シャツと薄手のフリース2枚、TNFのカッパで出発。
c0065011_12114793.jpg

立ち止まると寒いので殆ど休まずに登り続けます。
眠気と寒さに戦いながら9合目鳥居直下でご来光タイムを迎えます。
(ご来光の景色は3000mを超えるとどこでも同じ様な感じ)
c0065011_12113376.jpg

素晴らしい景色。心が洗われます。
このために徹夜して登ったのだと改めて実感する。
駿河湾の遥か彼方に積乱雲がニョキニョキ。
c0065011_12121028.jpg

c0065011_12115779.jpg

c0065011_12123232.jpg

9合目からの渋滞。
c0065011_12121953.jpg

寒かったので連れに急がせてしまいました。
c0065011_12125822.jpg

浅間神社やお店はもう閉まっていました。遥か向こうに八ヶ岳。
c0065011_12125117.jpg

眼下には山中湖。
c0065011_12133099.jpg

c0065011_12131486.jpg

いそいそと吉田口山頂を通過。剣が峰はパス。
c0065011_12135036.jpg

地の底まで続く九十九折。人の粒子が延々と見えます。
c0065011_12133644.jpg

下れども下れども景色が変わらず。
c0065011_12141520.jpg

c0065011_1214152.jpg

どこに行っても中国の方が沢山おられる。
c0065011_12143890.jpg

このあと、ふじやま温泉で昼飯&昼寝して帰りました。
小仏トンネルは渋滞30kmでした。
c0065011_1214249.jpg

美しいログが採れました。河口湖口は歩行距離が長いです。
下山路込みだと改めて須走口が一番楽チンだと思いました。
c0065011_12145848.jpg

次回は山小屋泊で北岳辺りを考えています。
# by tomorou_takurou | 2012-09-16 12:19 | | Trackback
富士登山競走を完走する方法、練習方法2
2.装備、補給水
 余計な荷物を持たない。重量については平地のロードレース以上に気を遣う。

(1) シューズ
 グリップと重量は相反する。トレランシューズはグリップが良く悪路に強いがソール&アッパーが厚いので重い。ランニングシューズの特性は逆。で、半分がロードレースであることや、登りオンリーの登山道では突き上げが無いことを考えると重たいトレランシューズはあり得ない。というか底辺のランナーは完走できなくなる。長い時間行動したり一般的なトレランレースに出るならトレランシューズだけどコースの特性からすると確実にランニングシューズだろう(自分は一般富士登山ではマウンテンマゾヒスト、登山競走ではターサーを使い分けている)。火山灰ザクザクの登山道ではグリップにそんなに違いは出ない。岩場も下るわけではないので突き上げに困ることもない。
 ランニングシューズといって250gを超える鉄下駄はNG。4時間後にモモ上げ筋が悲鳴をあげる。あとソールにはターサーやアディゼロの様な、あのプラスティックの様なイボイボが付いているものがよいと思う。使い古しで、あのイボイボが無いヤツは流石に滑るかもしれない。シューズが傷むのはあくまで下山のときだけ。よく云われるように一回でお釈迦になることはない。むしろ新品のターサーやアディゼロでテンションを上げるのもアリかと。ちなみに下山の際に火山灰が入ってくるのが嫌な人はモンベルのショートスパッツを携帯するとよい。コンパクトでオススメ。
#追記:ノースフェースのシングル トラック ハヤサは206gだそうで。
(2) ウェア
 気温は100m当り0.6度下がるといわれるが、早朝にスタートして気温が上昇するお昼にゴールするので、そこまでひどくない。64回大会はスタート&ゴール地点で気温は殆ど変わらなかったと思う。なのでランパン・ランシャツでイケる。レース中は当然寒さは気にならないが、山頂ゴールした後でも意外に寒くない。例えるなら1月のフロストバイトのように寒くはない。なので普段、ロードレースで着ているウェアでよい。馬返しまでは真夏のロードレースなので返って着込み過ぎに注意したい。どうしても寒さが心配ならコンプレッションウェアがよいと思う。そもそも低体温症が心配されるような気象状況であれば五合目で中止になるだろう。オススメは支給されるビニールポンチョ。これが山頂ゴール以降の防寒兼火山灰対策になる。参考までに冷え性体質の自分は、上はCWXロングスリーブの上にTシャツを重ね着、下はランパンの組み合わせ。

(3) ザック
 ザックはトレラン用のコンパクトタイプを含め要らない。本当に完走できなくなる。偶にトレランレースと勘違いしてハイドレーションまで背負っている方がおられるがスタート直後に後悔することになる。ロードレースでザックやハイドレーションを背負う人がいたら失笑モノだろう?オススメはウエストポーチ。小物が収納できてボトルが1本挿せるやつがよい(スタートでボトルは持たない。エイドの無くなる七合目以降に買う)。それ以上は止めたほうがよい(毎年50Lザックで完走する吉本さんは例外なのでマネしないように)。
 自分はGOLITEのウェストポーチ。ボトル部に軍手を収納。ポーチ部にビニールポンチョ、ケータイ、小銭(山小屋でペットボトルを買う)、サプリを収納。ウエストストラップ部にパワーバージェル用のミニボトルを挿した。

(4) 小物
 ウエストポーチの他は(山グローブを持ってなければ)軍手が必須。指ぬきグローブはNG。馬返しからは大腿に載せた手が滑らない。7合目からは岩場の三点支持に。手すりや鎖でもしっかり体を引き上げられる。あと必須ではないがオススメはバンダナ。五合目までは大量の汗をかくので頭に巻いておくと目に汗が入らない。下山の際は火山灰対策のマスクとして使えるので一石二鳥。

(5) 補給食&給水
 レースの3時間前に朝食を摂るとして最高の運動強度のなか7時間以上もメシを食べないことになる。無策ではハンガーノック(グリコーゲンの枯渇)を起こし底辺なりのパフォーマンスが更に発揮できなくなってしまう。

A 補給食
 グリコーゲンの枯渇を抑えるために数時間先の体力と消化吸収時間(滞留時間)を考慮してコマメに糖分を補給する。切れてからでは遅い。行動食はカロリー重量比が優れ胃内滞留時間の短い炭水化物がよいと思う。エイドではバナナを1切れといわず最低でも2、3切れ以上必ず食べる。フルーツ類は消化が良く2、30分で胃を通過する。携帯する補給食として、油脂、乳製品は滞留時間が長く吸収が遅れるので自分は避けている(例えば牛乳200ccは胃に2時間滞留する)。
 オススメはパワーバージェル。カロリー重量比が優れている上、ナトリウム濃度が高い。専用の120ccミニボトルに4袋分が丁度入る(合計で塩分換算2g、480kcal)。これをウエストポーチのストラップに着けて登りながらコマメに摂取する。テイストはグリーンアップル味に限る。カフェイン25mgを含んでいるため絶対に選ぶべき。トレラン、登山、ロードバイクをやると体感できるが、数時間に渡る運動中にカフェインの強心・興奮作用は大変効果があるのでオススメ。チャリのロードレースでも選手達はカフェイン入りの補給食を使っている。心拍が上がらなくなったらカフェイン。
 ただし、スタート前のカフェイン類は脱水症状になる恐れがあるので止めたほうがよい。なお、パワーバージェルは味に面食らうかもしれないが、ナトリウムが大量に入っていることを頭で理解すればイケるようになる。どうしてもなじめない人はパワーバージェルブラスト(グミ)もある(宣伝してるわけではないけど)。

B 給水
 スタート時にハイドレーションは絶対に背負わない。ペットボトルも要らない(ペットボトルを腰に挿して10kmのロードレースは無理だろう)。エイドで十分、間に合うので安心して欲しい。脱水を心配するような体調であればそもそもDNSすべき。7合目からはエイドが無くなる代わりに頻繁に山小屋のテラスを通過するので500ccのスポーツドリンクをゲットする。数秒で買える。ここでようやくウエストポーチに飲み掛けのペットボトルを挿す。なので500円玉を1枚持っておくこと。

C アミノ酸
 本番中のドーピングとしてエイドのバナナ、パワーバージェル(カフェイン含む)のほかはアミノ酸だろうか。自分もアミノバイタルやウィグライをスタート前やエイドの度にバカみたいに大量摂取した。ちなみに血中濃度を上げるには一度に4g以上摂取する必要があるのでアミノバイタルタブレットは気休めにしかならない模様。


3.トレーニング
 練習は本番に近い環境がよいが地元でない限り難しい。さりとて平地だけの練習は難しい。山の練習は山でしかできないと思う(例えば踏み台昇降運動を何時間も続けられる人はいないだろう。階段にしても同じ)。ただ低山であっても工夫できるので近くの山を探してみよう。場所は1,2回の練習では意味はないので通える山に限る。

(1) 峠トレ
 峠トレのメリット。私がよく行くコースである、ときがわ町、白石峠でいうと...
 ・激坂ロードが片道10km(西平~堂平山)続くので長めの運動時間が確保できマス。
 ・距離が稼げる上、斜度も一定でないので斜度に応じた坂道の走り方も研究できマス。
 ・白石峠もしくは堂平山山頂までのピストンになるので、復路の激坂駆け下りでは伸張性筋収縮を行うことになり筋力が付きマス(登りよりむしろ下りで鍛えられる)
 ・ロードバイクおやじが沢山いるので偶に競走相手になりマス。神奈川ならヤビツ峠ですかね。
 #埼玉の方であれば西平運動場に車を停めて白石峠ピストン、堂平山ピストン、足を伸ばして定峰峠ピストンを楽しめマス。ピークまで歩かずに走り切ろう。

(2) トレイルランニング
 トレランのメリット。私がよく行くコースである飯能市、伊豆ヶ岳(正丸駅~伊豆ヶ岳~吾野駅)でいうと...
 ・ロード区間を駆け上がって登山道に突入するので本番シュミレーションになりマス(これはスクワットの後の空気イスに似ている!)
 ・一度山に入ると数時間は出てこられないので飽きやすい自分でも長めの運動時間が確保できマス。
 ・ピークハントのピストンコースではなくミニ縦走コースになっており、峰と鞍部が無数に現れるため必然的にインターバル運動になりマス。
 ・下り斜面を駆け下る際に伸張性筋収縮を行うため筋力が付きマス(登りはおまけ)。
 ・登山道は路面が一定ではないため平行感覚が鍛えられるマス(バランスがよいと体を立て直す際の消耗が減らせるようになる!)
 #埼玉の方であれば吾野駅~子の権現~伊豆ヶ岳~正丸駅~吾野駅間を国道を入れて時計周り、反時計周りで毎週楽しめマス。時計周りでは畑井~子の権現の車道区間は歩かずに走り切ろう。

(3) 筋トレ
 自分は筋肉が無い人間なので、あんまし詳しくない。スクワットと踏み台昇降運動で大腿四頭筋や大臀筋。カーフレイズで下腿三頭筋がポピュラーかと。それと大腿直筋?縫工筋?要はモモを持ち上げる際に使うところ。骨盤のトリガーポイントに近い場所。登る動作は大腿を引き上げる動作なのでここがすぐに痛くなる。てか脚があがらなくなる。マニアックなところでは足底筋。フォアフットするならここを鍛えておかないと足底筋(腱)膜炎になる。つまり急にフォアフットで長い距離を走ることは出来てもやってはいけない。徐々に距離を伸ばす。あと筋トレはある程度期間が必要なので逆算するとGW前には始めておく必要がある。
 自分は、お風呂でシャワーを浴びながら片足カーフレイズを左右100回ずつ、片足モモ上げ運動(胸に付くくらい高く)を100回ずつ、そんくらい。スクワットはトレランで足りているだろうから無し。備忘録としては片足モモ上げ運動は期間&回数を増やしたほうが良かったなぁと反省(3,4合目で痛くなった)。
 知ってのとおり筋トレだけで必要な筋肉を付けるのは難しい。ボディビルダーの様に余計な荷物を増やしてもいけない。あくまで山に行けない平日に刺激を与える程度と割り切って、鍛えるなら実際の山で、と考えたほうがよいと思う。

(4) プロテイン&アミノ酸
 富士登山競走では余計な筋肉も荷物になる。練習では筋肉の「異化、同化」を意識しながら必要な筋肉を足して不要な筋肉を落とす。つまりある程度の期間が必要。脂肪は論外。「超回復」も考慮して効率よくプロテイン(アミノ酸)を摂る。ゴールデンタイムをイチイチ意識するのはアレなんで睡眠前に摂取すれば間違いないと思う。ちなみにホエイプロテインは消化吸収が良いとされるが牛乳で溶くと胃の滞留時間が長くなるので、運動直後に摂取してもゴールデンタイムに間に合わなくなる。なので水かジュースで溶くこと。あとクレアチンは荷物&燃費の悪い筋肉量が増えるのでどうかと思う。

(5) カーボローディング
 筋肉のエネルギー源であるグリコーゲンを増やす方法。詳細はググられたし。

A 古典的な方法
 本番7~4日前に一旦食事から炭水化物量を減らした上で(グリコーゲン枯渇)、3,4日前~当日朝食までイッキに炭水化物を増やすことで筋&肝グリコーゲン量を増やす方法。炭水化物を減らすメニューは結構難しくて、思いついたのが「おかず+米飯」を「おかず+ビール」に替えるというもの。ビールも炭水化物だけど絶対量は米飯より少ないと思ったわけ。けどテーパリング期間は、吸収効率を考慮するとタンパク質と炭水化物を合せて摂取しておきたい期間でもある。タンパク質の吸収効率が悪くなって調整を失敗するリスクがあるので無理がある→なので普通はやらない。

B 失敗しない方法
 前段の炭水化物量を減らす期間は設けずに単純に3,4日前から食事の炭水化物量を増やす。これでも十分効果はあるのだそうだ。むしろ回復ミスなど調整を失敗するリスクも少ない。本番3、4日前から毎食の米、パン、甘い物の量を2,3倍に増やす。前の晩は富士吉田市で回転寿司が王道だろう。当日朝もモリモリ食べる。朝、食べられなかったら完走は諦めよう。

C 失敗しない方法+
 瀬古さんの大会前日の1kmダッシュ1本をパクる。多分、瀬古さんにとってはジンクスみないなもんで深い意味は無かったのだろう。実は、中距離ダッシュ(1本だけ。運動強度高め。LSDではダメ)して、直後から本番までの24時間に炭水化物を大量摂取すると、体が飢餓環境と勘違いして体内のグリコーゲンの量が急激に増えるのだそうで。前日の1kmダッシュには意味があったわけ。
 だた、せっかく蓄えたグリコーゲン。本番1週間前になっても焦って長い距離をガシガシ走っているようでは浪費するので安静すること。そもそも2、3週間前からはテーパリング期間。テーパリング期間にハードな練習しているようなメニュー構成はそもそも失敗かと。

(6) テーパリング
 体は強い負荷に順応しようとする。なのでトレーニングはハードなほうが効果がある。当然、負荷に耐えられる体力が前提。ただ、どんなに体力があっても限界はある。なので運動量を限界まで増やすには、同じ運動量を本番直前まで維持するのではなく、ロケット段階的に、例えば本番の3週間前にピークを持ってくることで体力なりに最大限の運動量が稼げるようになる(逆に本番直前まで同じ運動量を続けられるということは、もてる体力を使い切らずにダラダラ練習していることになる。例えばLSDはベースアップや体力維持向けでしかない)。ピークの後は運動量を徐々に落として調整する。ハードな練習をしたぶん、本番までに体力を回復する必要がある。
 よく超回復期間は1~3日間と云われるが、それはあくまで一部の筋肉だけの話。体内のミネラルバランス、ヘモグロビン、赤血球量、腱や骨などの修復はそんな短期間では済まないハズだ。グリコーゲンも増やす必要がある。なので、仮に本番3週間前をピークに設定したら、そこから運動量を徐々に落とす。体はハードな練習を憶えているので、それを基準にして体力を回復修復する。運動量を減らしても短期間でパフォーマンスは落ちたりしない。むしろ体力が回復していない状態で本番当日を迎えるほうがマズい。究極、本場前日まで走り続けるくらいなら2週間前から一切走らないほうが本番では体力が上になっているハズだ。例えば、私は東京マラソンのとき事情があって本番18日前から走るのを止めたけど当日は驚くほど体が軽かった(運動量は徐々に落としたほうがよいそうなのでマネしないように)。試しに富士登山競走のあと2,3週間振りに走ると無限に走られるような感覚になるのでお試しあれ。
#ハードなトレーニングを始めると疲労の蓄積で一時的に体力が落ちる時期がある。そんなとき休養やLSDを挟んだりすると思う。疲労の蓄積って曖昧だけど、ひとつに貧血があると思う(ハードトレーニングにより汗から鉄、内臓や毛細血管で赤血球が漏れたり破壊したりする)。そんな時やテーパリング期間は鉄剤を摂取しておいて損はしないと思う(小林製薬のファイチは便が固くならかったのでオススメ)。なお、鉄は用量を守らないと死んじゃうので要注意。

#スタート前の市役所。自衛隊員、消防隊員、体育教師など黒くて硬そうな人ばかり。恐ァ。白くて軟らかそうなカタギは自分と同僚くらい...。
c0065011_7574974.jpg

富士登山競走を完走する方法、練習方法
富士登山競走を完走する方法、練習方法2
富士登山競走を完走する方法、練習方法3
# by tomorou_takurou | 2012-06-10 23:43 | ランニング | Trackback