フロストバイト
タイムは過去最低ながら久々の完走。
c0065011_11321453.jpg

また、攣りグセが再発。
5km~10km付近はフクラハギがパンパンに張ってしまい5、6回歩いてしまった。
東京マラソンのときもそうだが歳のせいか攣りグセがついたようだ。

去年の様に走り始めてから50分位もすれば痛みに鈍感になるかなと期待したのだが
フクラハギの張りが引いたと思ったら、今度は足首から下がビリビリ痺れてきた。
ペースを落としても、走り方を変えても、靴紐を解いて走ってもダメ。
立ち止まってシューズを脱いで痺れが引くのを待つ始末。

先代のターサーはワイドモデルだったのだが今回は普通モデルにしたのが良くなかったようだ。
サイズの合わない新品シューズとは泣ける。

結局、靴紐をユルユルにして走り始める。
エンドルフィン効果も手伝って12kmくらいからようやく普通に走られるようになる。
c0065011_11272165.jpg

折り返し直後に見知った顔を見つけたので焦って少しペースアップ。
17km~20kmは4分台前半/kmに回復。
シューズのグリップに感心しつつ走る。

20km通過が93分。2年前はゴールしていた時間。
ラスト1.1kmを5分に落としても余裕で100分は切れるな、
と思っていたのに全然ゴールに辿りつけない。
結局ゴールは自己計測(NET)で1:41:15。ラスト1.1kmに8分も掛かるってどういうこと?

ゴールしてから周りのオッサン達と絶対おかしいよね、と頷き合う。
その昔、フロストバイトは距離が短いことで知られていたが、その後頻繁にルートを変えながら今に至っている。
ま、あっちの方はマイルで生活してるんでこんなもんか。

ジョギング不足と前半のロスを考えればこのタイムは仕方ないにしてもイマイチ感慨も無く。
目新しさが欲しいところ。やっぱり次はトレイルレースに出てみようか。
by tomorou_takurou | 2009-01-18 23:59 | ランニング
<< フロスト+ ドロンジョはサトエリだと思ってました >>