眼痛派生への道++
>[2]P1でラインが揃ったら減少させると同時にP2のラインを増加させる処理を入れる。逆も同じ。

の作業が完了した。平日の一晩で済んだので修正自体はショボかった。
対戦型なのでタイトルをminirisVSにしてみた。
c0065011_9442859.gif

職場でもウィンドウが目立たないのでボスに気付かれないキラーソフトか。
なお、スコアはゲームの勝敗と関係ない。あくまで参考。

コチラ。test013.exe(60KB)。
http://www.hi-ho.ne.jp/tomorou/gomipro.htm

操作キーは残念ながら少し煩雑で以下のとおり。

<左プレーヤー>
D(右)、A(左)、W(回転)、S(下)キー

<右プレーヤー>
L(右)、J(左)、I(回転)、K(下)キー


早速、智郎と勝負。圧勝。
若いな。グラフィックの脆弱な拡大鏡などを使っていては勝てないのだよ(シャア)。
智郎のお友達が大勢泊まりに来るそうなんで売りつけるか。
[バイリニアで200%に拡大]
c0065011_9444211.gif

Win32版の改良が思ったより短時間で済んだので早速.NET版に取り掛かった。のだが、
VisualStudio2005は既存のソリューション&プロジェクトファイル一式を一括コピー&リネームしても
(ビルドは出来ても)実行時にエラーになってしまうという...。
フォームのプロパティをイチから設定し直したりソースをイチイチコピペするの面倒ちぃ。
急速に萎えてきた。

ところで通信対戦型への夢であるがシステムフォルダに入っているwsock32.dllを使うと難しいこと隠蔽しつつ
TCPやUDPプロトコルのチャットプログラムが出来るという。気が付くの遅杉?
対戦型といってもせいぜい揃ったライン数(最大4)とゲームオーバー(オン/オフ)になったかどうかを交信できれば事足りる。
DLLは.NET以前のVBでも呼び出せるしVBと同様にAPIの宣言をすればVBA(EXCEL)でもメッセンジャー機能が出来てしまう...。
以前、EXCELのVBAで作ったFTPはwininet.dllを使ってるので似たようなもんでないの。
ビルド&コンパイル不要なVBAで実験しつつWin32版にも取り込めたらいいかも。
by tomorou_takurou | 2009-12-19 09:53 | ゴミプロ
<< 独りなんちゃってトライアスロン 親子マラソン >>