上尾ハーフ
ジョギングを始めた年に初めて挑戦したハーフマラソンが上尾だった。
あれから12年。何故か遠ざかっていた。昔と何が違うのか。

急遽出走した軽井沢ハーフはネット104分と惨敗であったが
今回は事前に5,6回ジョギングした。100分は切りたいところ。

ちなみに上尾ハーフは関東学生陸連校が軒並みエントリ。
箱根駅伝の前哨戦になっていて学生はここで自己新を出してスタメンを目指す。
お馴染みウェアの大学生ランナーだけで700人以上がエントリ。
早稲田の渡辺監督は見掛けたものの、残念ながら東洋大の山の神だけはエントリしてなかった。

ピリピリした箱根候補生と走ればタイムも伸びたりして。と言いたいところだが
後方に並んだせいか背中すら拝めなかった...。
c0065011_184654.jpg

でスタート。
前半はペースを抑えた割りに早くもバテ気味。
10km折り返し手前で学生ランナーと延々すれ違う。
自分は80%を超えると折れちゃうところ、彼らは99%で走っている様子。
折り返しは43分。確か12年前と同じ。

先週は17kmのトレランレースのラスト2kmで脚が売り切れたが
今回は後半のガタ落ちもなく普通にいけた。
理由は...
・高低差10m程度の平坦路
・先週のトレランレース(2時間)の超回復。
・アミノバリューのコンク2本を直前に飲んだ
特に3番目が大きいのではないかと信じている。

で、タイムはネットで93分弱。11分短縮。
平日数回しか走ってないのにこれなら90分切れるのではないかと思わせる感じ。
(12年前の初ハーフは94分台だった。)
しかし練習は続かない。

競技場に入るところで某A妻に名前を呼ばれた。
ゴールの後に聞いたら独りで箱根ランナーを観に来たとか。物好きなもんで。
学生1位は早稲田の大迫選手。1時間2分弱。1年生。未来のエースですね。
by tomorou_takurou | 2010-11-21 18:04 | ランニング
<< 毎週川越 トレランレース >>